情報量が…情報量が多い…! ヘリオポリスの太陽神殿跡の発掘で出てくる各時代のファラオたち

ヘリオポリスとは、ギリシャ神話の太陽の神ヘリオスの名にちなんで名前のつけられた町。太陽神ラーを祀っていたことからギリシャ人がそう呼んだ。 現代の首都カイロでは、この地名をもつ場所は国際飛行場のあたりなのだが、実はそこはただの高級住宅街で古代のヘリオポリスと範囲が微妙に違っている。実際に古代の都と太陽神の神殿があったのは、もうちょっと北…

続きを読むread more