最近「昆虫食」を推して来る人を見かけるのだが、前提として昆虫を家畜化しないと無理だよね

食料事情の改善と絡めて昆虫食の輝かしい未来を語る論調のコラムを何本か読んで、正直「ちょっと浅いな」と思ったので、ツッコミがわりに根本的なことを書いておきたい。 ■現状の昆虫食は「ジビエ」と同じポジションでしかない これは、愛好家だけが食べているとか、珍しい食べ物だとかいう意味よりは、文字通り「野生動物を狩って食べているの…

続きを読むread more

アイスランドで地震が相次ぐ。大使館が渡航時の注意を呼びかけ

アイスランド大使館から「ビジネス渡航の際はご連絡ください」とアナウンスが出ていた。 アイスランド南西レイキャネス半島で地震が頻発。マグニチュー5.0クラスの地震も起きていて、小規模な噴火が予想される、とのこと。 人口の集中する首都からは遠いけど、国際空港に近い場所なんだよね。コロナの影響で観光客少なめなのが幸いしたかも。 …

続きを読むread more

最初にホームページ作ってから20年が経ちました。え、まだ生きてますよサイト…

このブログの大元のホームページ作ったのが2001年2月だったので、20年経ったんですよ。 いやー早いもんですね…? 大学生の頃に暇にあかせて作った土台にその後いろいろ盛り付けて今の状態になってるわけですが、まあうん、よく作ったな自分。さすがに最初の頃に書いた部分は情報の精度が甘かったり考え方が今と合わなかったり色々あるけど、そこは…

続きを読むread more

そういや栽培イネの歴史にアフリカが抜けてることが多いよな、って気が付いた

アジアでよく食べられている米(作物としてはイネ)の歴史で、作物イネの単一起源説と多起源説というのがあった。 イネは一か所で栽培化されたのか、それとも複数の場所でばらばらに栽培化されたのか、という話で、「最近の研究で単一起源と判った」という記載がされているところがあって、「??」となってしまった。 多分だけど、このへんの研究を見て…

続きを読むread more

北米最古の飼い犬の骨の発見と、人類が北米に到達した年代の予測

北米の北西部海岸沿いで1万年以上の前の犬の骨が発見された、というニュースを見つけて、また年代が繰り上がったのかーと思いながら情報を探してみた。これは人によって飼育化された「イヌ」の骨であるため、人間と一緒に北米に入ったとするのが一般的な見方だ。つまり、人間の骨が見つからなくても、イヌの骨が見つかれば、その地域に、その年代にすでに人間がい…

続きを読むread more

乙女ゲーを攻略する際に乙女の気持ちでプレイ出来なくなった、という話

乙女ゲームというのは、ギャルゲーの反対で女性むけの作品だと思ってもらいたい。 男性向けのいわゆるギャルゲーでは、魅力的な若い女性キャラが多数出て来て、その中からお気に入りのキャラを選んで絆を結び疑似恋愛していくのに対し、女性向けの乙女ゲーでは、男性キャラが出てくる。そして絆を結べるキャラクターは「攻略対象」と呼ばれる。 ゲー…

続きを読むread more

現代的なビールの起源は16世紀から。ホップ使用の歴史と最近の研究

古代エジプトビールの話をしていた時に、ホップの防腐作用を利用したビールは近代のものだと言ったところ、ホップ利用はもっと古くからで8世紀にはもう使われていたはずだ、と反論してくる人がいた。 というわけなので、ビールへのホップ利用について簡単にまとめておこうと思う。 ・ヨーロッパでホップが栽培されていた最古の証拠は確かに8世紀 ・…

続きを読むread more

古代エジプト・古王国時代の壁画の鳥、絶滅種かもしれないという説が出される

まず前段として、以下の5年前の話を思い出してもらいたい。 メイドゥムのガチョウ(雁)は贋作? 巻き起こった議論の行方は https://55096962.at.webry.info/201508/article_19.html 古王国時代の墓の壁画に描かれた「メイドゥム・グース」として有名なカモの絵について、現在のエジプト…

続きを読むread more

エルナン・コルテスによるアステカ征服からちょうど500年が経ちました。

言い換えればアステカ滅亡から500年。コルテスによるテノチティトラン陥落は1521年。というわけで、メキシコさんが色々記念イベントを開いていて、オンライン講演会もあったりでちょっと覗いてみた。 オンライン講演会「アステカ王国の終焉から500周年を迎えて: メキシコを征服したのはだれか?」(講師:井上幸孝 教授) https://…

続きを読むread more

ルーマニア当局、10年前に盗まれたヴァイキング・ヘルメットを回収。これはいいものだ

2010年にルーマニアの北東を流れるシレト川の浚渫中に見つかっていたにも関わらず、国に引き渡されずにそのまま行方不明となっていたヴァイキング・ヘルメットが回収された、というニュースが流れていた。ヴァイキングのヘルメットでこれだけ状態のいいものが見つかるのは珍しいし、場所がルーマニアなのでおそらく北海から黒海まで川づたいに通り抜けていた東…

続きを読むread more

かつて、アラスカと交易をしていた知られざる誰かがいた…北極圏から15世紀ヨーロッパ製ビーズが見つかる

ある業界(?)でわりとインパクトのあるニュースとして受け止められていたこれ。15世紀ごろに作られたヨーロッパ製ビーズが北東アラスカの島嶼から見つかった、というニュース。ビーズはもしかしたらヴェネツィア製かもしれないが、今のところ特定はされていない。ただヨーロッパ製というのはほぼ確実と思われ、15世紀~17世紀頃のいずれかの時代に現地住民…

続きを読むread more

エジプト・アビュドスで世界最古のビール醸造施設を発見!→最古じゃないです。

こないだ流れていたこのニュースだけど、最古ではないんですよね。 少なくとも、日本の発掘隊が発見してるやつのほうが少し古いし、その発掘報告会に出てたはずの関係者が誰もそのことに言及すらしてあげないのは…何なんだ…。 と、いうツッコミは置いといて、ここはマニア育成ブログですので粛々とお仕事していきますよ。 一般向けの記事だけだと全…

続きを読むread more

ファラオの死因判明、なんと処刑だった!→創作部分なので実際は判りません。

ちょっとツッコむのも面倒なくらいの記事だが、相変わらず本職の人たちはロマン詐欺にだんまり決め込むので書いておこうと思う。 第二中間期末の王、セケエンラー・タア2世のミイラの改めての調査によって、過去に既に知られていたことの補足が出て来た、という話が流れていた。 3600年前のファラオの死因、先端技術でついに解明 エジプト …

続きを読むread more

ストーンヘンジは元はウェールズに建てられていたものの再利用。という話は、実は新説ではないという話

最近流れていたこの説、実は5年前にはもうあったんだぞ。という話をしたい。 そして一部の人に勘違いされてるっぽいのだか、別にストーンヘンジ自体が移動してきたわけではない。使われている石材の一部が、かつて別の場所で使われていた可能性が見えてきた。というものなのだ。 ストーンヘンジの起源に新説、石はリユース品だった https://…

続きを読むread more

エルフの村はよく焼かれるので本気で対策したほうがいい。という話

エルフの村はやたらと焼かれるイメージがある。 実際の数は統計をとっていないので判らないが、体感比でドワーフ村やホビット村の2.5倍は焼かれていると思う。しかもほとんどの場合で村まるごと全焼である。大抵のエルフは魔法使えるくせに対策が出来ていないのではないか。 火をかけられても初期消火さえできればあんなに燃えることはないはずである…

続きを読むread more

スラブ人が最初に使ったのはルーン文字! 定説を覆す! という話→スラブ人と判断した理由が微妙

ひとつ前に「定説を覆す」みたいな報道が出て来てもその場で信用するものではない、という話を書いた。 その続きでもある。 7世紀の牛の骨にルーン文字、古代スラブ文字文化の定説覆す https://www.afpbb.com/articles/-/3331418?pid=23067003 "これまでの学説では、ビザンツ…

続きを読むread more

中国から見つかった「12万年前の現生人類の骨」、物言いがつき1万6千年前に年代修正される

中国で想定より古い人骨が見つかり、「アフリカを出た人類はヨーロッパより先にアジアに到達していたのでは」とか「定説を覆すのでは」とか言われていた件、やっぱり年代訂正入ったね。とにかく成果至上主義、手法さえ間違っていなければ妥当かどうか抜きにして人目につく論文が出せればOKな中国さんでは、こういうのよくあるので、いきなり定説のほうを書き換え…

続きを読むread more

イラクに住むクルド人たちの直近の歴史と状況について。「クルド人 国なき民族の年代記」

世界最大の「国なき民族」と言われるクルド人についての、わりと分かりやすい本を見つけたので読んでみた。 この本は主に、イラク側に住むクルド人とクルド人自治区について取材している。ちなみにクルド人が暮らす領域はトルコやイラン、シリア、アルメニアなど近隣の国のあちこちに分散しており、さらにヨーロッパやアメリカなどに亡命・移住した人たちも…

続きを読むread more

100年前に見つかった古い歯の検証~ホモ・サピエンスとネアンデルタールの交雑の証拠が新たに見つかる

ちょっと気になる記事を見つけたのでメモ代わりに。 イギリスとフランスの間の海峡にある島で、1900年代初頭に見つかっていた歯の骨を再分析してみたところ、ホモ・サピエンスとネアンデルタールの交雑から数世代しか経っていないと思われるものが見つかった、という研究成果についてのものだ。 これがなぜ気になるかというと、年代が「4万8千年前…

続きを読むread more

2xxx年、人類にとって宇宙が当たり前になったら…あの子を探して欲しい…

種の寿命が尽きなければ、人類はいつか宇宙へ出ていくだろう。 これは現時点で確信をもって言える未来である。世の中はその方向に向かって動いているし、実際、宇宙へ出て行かなければ、地球上の限りある面積や資源では種としての繁栄を続けていけそうにない。 そうなった未来、かつては最先端だった様々な「遺物」が博物館に並び、かつての宇宙への…

続きを読むread more

「シュメール人が学校の先生に賄賂を贈ったことがある」という話の出所を確認してみた。

以前、古代エジプト人は近頃の若い者は、という話を書いていないよ。という記事を書いた。 https://55096962.at.webry.info/201410/article_17.html 古代エジプトで残っている古い文書は大半が宗教文書や行政文書なので、そもそもそんな個人的な内容を書いてあるものがほとんど無いのだ。紀元前1…

続きを読むread more

古代エジプト新王国時代、泥で修復されたミイラが初めて発見される

タイトルだけで情報量が多い…。 まず、このミイラは棺と中身のミイラの年代が一致していない。ミイラは新王国時代の末~第21王朝ごろ(年代で言うと紀元前1300~1000年ごろ)のもので、棺よりも200年ほど古い。古い棺を再利用して埋葬されることはあっても、その逆は不可能なので、このミイラと棺のセットはコレクター向けに適当に組み合わせ…

続きを読むread more

エジプトの遺跡から考える観光資源としての古代遺跡。観光に最適化されて雰囲気が壊れてしまう遺跡たち

エジプトさんは最近、観光の目玉となる遺跡群の修復やクリーニングをうちこち行っている。コロナの影響で観光客が減っているので今のうちに…というのもあるんだろうが、何か…こう、修復というより 改造 じゃないかな、これ? というところが気になっている。 切っ掛けは、最近"修復"された、アスワンにあるイシス神殿を見ていた時だ。 去年修復が…

続きを読むread more

彼は死後、神と対話出来たのか。エジプト、タップ・オシリス・マグナから「黄金の舌のミイラ」発見される

身体の一部を補ったミイラは珍しくないけれど、舌を作ってるのは珍しいな…。という感じ。 エジプト北部、アレキサンドリアからは西の方にあるタップ・オシリス・マグナから、舌を補ったミイラが見つかったという話。 古代エジプトのミイラ、とは言われているけれど、約2千年前でちょうどプトレマイオス朝からローマ支配時代に移行するあたりの時代なの…

続きを読むread more

ロンドンの自然史博物館に保存されていた「謎のカミキリムシ」、古代に絶滅した種と判明する

1970年代に寄贈されたものの種が特定できず、謎のままだったカミキリムシの標本、まさかの4,000年前のものだったことが判明。 昆虫標本っていうか実は「昆虫ミイラ」でした! …いや、こんなこと…あるんだ…。 Perfectly preserved 4,000-year-old beetles uncovered https:/…

続きを読むread more

無限に時間が吸い取られていく。「リアルサイズ古生物図鑑」

本屋でパラッ…としたらそのまま時間が吸い取られていったので諦めて買って来た。 かつて地球上に生きていた生き物たちが、もしも絶滅せずに現代に生きていたら? というのを再現CGで現代の風景に取り込んでいる。それだけならありふれていそうだが、シチュエーションのチョイスがとてもいい。全般的にやさしいせかい。弱肉強食しない。ダイアーウルフは…

続きを読むread more

古代エジプトで流行ったものは天然痘だったのか。それとも「サル痘」だったのか。

前知識として、古代エジプトのファラオ、ラメセス5世のミイラには、天然痘らしき疱瘡の跡が見つかっている。 そのため古代には既に天然痘が存在し、このファラオは天然痘で亡くなったのでないかとされることがある。死亡年齢が40歳未満とそれなりに若く、他に目立つ外傷などが無いことからそのように言われているのだが、実際に天然痘で亡くなったかどうかは…

続きを読むread more

ドワーフおじさんの剣づくりを愛でる番組「ウルフバート:バイキングの刀剣」

ヴァイキングマニアなら皆知ってる、みんなだいすき「ウルフバート」の剣の番組だよ~! https://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2833 これが何かというと、ヴァイキング時代全盛期の頃に登場する、ウルフバートと銘の入っている超高品質な剣のこと。当時のヨーロッパで…

続きを読むread more

聖書博物館のやらかし、またも発覚する。エジプトとイラクから不正に持ちだされた盗掘品の返還

アメリカはワシントンにある聖書博物館、何かとお騒がせなところである。 とりあえずは前回の記事を見てもらいたい。 聖書博物館の所蔵する死海文書は全て偽物。2年を経て全ての鑑定結果が公表される https://55096962.at.webry.info/202003/article_14.html 「聖書」博物館なのに…

続きを読むread more

19世紀にギザのピラミッドから発見され行方不明になっていた木片、「再」発見される

12月は自分史上最高額の残業代をゲットしました(白目) というわけで12月にブクマだけして中身ちゃんと見てなかったやつ拾い直しということで。 クフ王の大ピラミッドの中の「女王の間」と呼ばれる部屋から19世紀末に見つかった3つの道具のうち、行方不明になっていた木製の物差しが、スコットランドのアバディーン大の保管庫から見つかったよ!…

続きを読むread more