中部エジプト/アシウトの発掘16年。アシウト・プロジェクトの集大成

このプロジェクトの概要については、日本語ページもあるのでそちらを参照したほうが早い。 エジプト中部のアシウト/アシュートという都市のネクロポリス(死者の街)について、思われていたより大規模で重要な遺跡があることが、近年まで続いた発掘調査で明らかになってきたよ、という話だ。ちなみに原文はドイツ語…。 https://www.aeg…

続きを読むread more

ピラミッド以前の黎明期、ナカダ期の遺跡がナイルデルタで見つかる

アレキサンドリアの南方、かつての下エジプトの宗教的な重要都市「ブート」だった辺りから、エジプト最初の統一王国が出来る直前のナカダⅢ期の墓が一気にたくさん見つかった。かつてはナイルデルタは耕作地や住宅地になってることが多くて発掘不利、と言われていたが、最近はけっこう出てくる。 83 Ancient Graves Discovered…

続きを読むread more

水が無ければ、都市は作れじ。人はいかにして水を利したか「渇きの考古学」

日本は、世界的に見ても水に恵まれた地理環境である。日本に住んでいると、水不足は滅多に無く、水道をひねればいつでも水は使いたい放題だ。お風呂だって毎日入れる。降水量は世界平均の2倍ある。しかしそれでも、都市に集中して人が住めば、水不足は起こりうる。いくら雨が降ろうとも、水を貯めるダムや、周辺から都市に水を引き入れる水道が無ければ、その水を…

続きを読むread more

古代エジプト人が遊んだセネト・ゲーム、通常とは違うVerについての考察記事

セネトは、エジプト将棋とか古代エジプトのチェスとか表現されることもある古代の盤ゲーム。もちろん現代の将棋やチェスとは全然関係ないしルールも違う。 古代エジプト語で「過ぎ去る」という意味を持ち、古代エジプトでは2,500年に渡って王族・貴族にも一般人にも遊ばれ続けたロングヒットなゲームである。さすがにそれだけ長い時代を遊ばれ続けていれば…

続きを読むread more

マダガスカル島への哺乳類の移住方法とは/人間とそれ以外

マダガスカル島は、「人類最後のフロンティア」と言われてきた島である。イースター島と同じく、わりと最近まで人が定住していなかったと考えられていたからだ。定住の証拠は古く見積もっても1,000年前からだとされてきた。 また、現在の定住者たちの祖先はミトコンドリアDNAや言語の分析から、南アジアから到達したオーストロネシア語族だと判って…

続きを読むread more

気候変動の時代チバニアン、その研究成果を探してみた

少し前に、登録するのされないのでモメた「チバニアン(千葉時代)」。 これは約77万年前に地磁気(N極・S極)が最後に逆転した時代のことで、千葉にある地層が代表例として登録されるので、時代の名前もチバニアンになったという話なのだが、調べてみるとこの時代、けっこうハードであった。 めちゃくちゃ気候変動してるんである。 気候の激…

続きを読むread more

ディズニーチケットが値上がりして、ついにペトラ遺跡を抜く。

ディズニー好きの人が、ディズニーチケットが4月から値上がりするんだよと騒いでいた。なんでも4月から¥8,200 になるらしい。 年々値上がりしているもののついにここまで来たかという感じ。我々庶民には手の届かぬ国になり申した… だがしかし、一生に一度の感覚で行く遺跡なら、別にこの値段でも行くに決まっている。 というか、世界の有名…

続きを読むread more

上エジプト・アシュムネイン(古代のヘルモポリス)で集団墓地が見つかる。

現代の地名で言われても困る、古代名に直してから言ってください(違 トト神の高位神官の棺が出たというので調べてみたら、トト神の本拠地アシュムネイン(古代のヘルモポリス)だった。「第15州ノモスの首都」って書いてくれるエジプトメディア優しい。 トト神の高位神官と高官たちの集団墓地が発見され、16の墓と20の棺がまとめて出土したというニュ…

続きを読むread more

現代アフリカ人にまじるネアンデルタール人のDNAはヨーロッパ由来。という研究結果が出る

前提として、現在の主流説ではホモ・サピエンスはアフリカを出たあとにネアンデルタールやデニソワ人と混血したとされている。 彼ら先行の人類がアフリカを出ていったあと、最後にアフリカを出発したのがホモ・サピエンスだったからだ。 つまりアフリカのホモ・サピエンスは混血していない、…のではないかと思われていたのだが、実際は現代のアフリカ人には…

続きを読むread more

そろそろ会期が終わってしまうので。「ザ・アール・サーニ・コレクション」展に行って来た。

上野の国立博物館、常設展の一部で同時開催の「ザ・アール・サーニ・コレクション」展にいってきた。滅多に表に出てこない個人コレクション のイベント。集めた人はカタールの王族で、シェイク・ハマド・ビン・アブドラ・アール・サーニという人。湾岸諸国のコレクターのコレクションを見るのは初めてだったが、収集の仕方が西洋のコレクターとだいたい一緒なの…

続きを読むread more

人類の歴史を早送りで体験。「Dawn of Man」

steamでオススメされたゲーム「Dawn of Man」をやってみた。 このゲームは、だいたい12,000年前くらいからスタートして、中世まで人類の歴史を発展させていくサバイバルゲームである。 え? 村づくりゲーじゃないのかって? やる前は私もそう思っていたけど実際は、厳しい大自然や襲撃してくる流れ者と戦いながら生き抜くゲームです…

続きを読むread more

ミイラの死因判定まではいいが、そのDNA鑑定は余計だろ… 古代エジプトミイラの鑑定で注意すべきこと

古代エジプト、第25王朝の時代に生きたタカブティという女性のミイラについて、CTスキャンの結果、死因は刺殺と考えられる、との2,500年ぶりの"検視結果"が報告された。 Shocking truth behind Takabuti’s death revealed https://www.manchester.ac.uk/dis…

続きを読むread more

相変わらず転用が雑…だがそれでこそ。エジプト・ルクソール、古代神殿の横っちょにある近代モスク

エジプトの観光地、ルクソールにあるルクソール神殿には、神殿の一部を利用して作った小さなモスクがくっついている。 このモスクの名前は Abu Haggag Mosque で、ダマスカス生まれで、ルクソールで亡くなった聖人Sheikh Yusuf Abu el Haggag のために作られたという。そのため聖遺物的な感じで聖人の墓も兼ねて…

続きを読むread more

色々あって面倒なことに…「渤海国とは何か」

渤海国とは、日本のすぐ近く、中国大陸の中国とロシアの間くらいにかつて存在した国のこと。日本でいうと いや教科書にも載ってるんだから今更だろ? 概要くらいみんな知ってるだろ? と言いたくなるところだが、この本の主題の一つが「日本・中国・韓国それぞれから見た渤海国の歴史理解が違う」という話である。 渤海国とは何か (歴史文化ライブラ…

続きを読むread more

バナナの歴史がまた1ページ… ラピタ人と行く太平洋の旅 with バナナ

前提として、バナナの原産地は東南アジアのどこかとされている。 マレー半島やニューギニアに原種があり、突然変異で生まれた種のないものが人類の移住に伴い広まっていった。3-4万年前には栽培化に着手されていたと考えられているが、ニューギニアで高地でバナナの花粉が急増するのが7,000年前くらい。 そのニューギニア周辺の島を旅立ち、…

続きを読むread more

科学的な興味と冒涜のはざま。3000年前のミイラの声を再現する試みが行われる

各種のソースなどは日本語記事からリンクされている。ミイラの声帯を3Dプリンターで再現(!)することにより、「死者の声を蘇らせる」とか「3,000年前の声を呼覚ます」とか表現すると、ネクロマンサーっぽい響きになる。 3000年前のミイラの声を再現 https://gigazine.net/news/20200124-voice-3…

続きを読むread more

世界三大高地と人類の高地順応~高地の人々の高度順応戦略とその代償

世界には、標高が高いところに暮らす人々が数多くいる。 世界の三大高地、エチオピア高地、チベット高地、アンデス高地。実はそれぞれに暮らす人たちには、高地に適応した遺伝子の変異が見られる。しかも調べていくと、その変異、生存戦略の方法は、それぞれに異なっていることが分かって来た。 まず前提として、血液の中にあり、酸素と結合して体内の細…

続きを読むread more

Nスペ「アイアンロード」を見てみた。鉄の東方への伝播としてはよくまとまってる感じ

わりと評判良かったみたいなので、アイアンロード~知られざる古代文明の道 を見てみた。 1時間枠でまとめるには無難なつくりで、映像は相変わらず綺麗。 https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586175/index.html 「シルクロードより古い東西の道」という触れ込みだが、扱…

続きを読むread more

古代エジプト十の災い リアルにイナゴが攻めてきたら起きることって…

昨年末からのサバクトビバッタ大量発生により、東アフリカの作物が壊滅状態に…。 エチオピアは25年ぶりの大発生、隣のケニアは70年ぶりの惨状、ソマリアは紛争状態の場所に殺虫剤を撒くためのヘリを飛ばせなくて手作業で駆除しようとするという絶望的な状況の中、群れはついに紅海沿いにエジプトにも進軍しはじめている。 Locusts: UN …

続きを読むread more

チベット高地と人類の高地順応~高地の人々はいつから高地に適応したのか

昨年は、エチオピア北部、チベット高地と、やたら高いところばかり回って来た。 エチオピアは全然余裕だったが、チベットはさすがにキツかった。ていうか、どうも3,000mと4,500mがそれぞれ壁になっていて、3,000mを越えると「体が重い」、4,500mを越えると「息するのに必死」という感じ。これは人によるというよりは、おそらく日本人の…

続きを読むread more

やめろ、その攻撃は俺に効く。イタリアとクルド人自治区共同の緊急発掘でアッシリアのレリーフが見つかる

各地域では、かつてイスラム国の支配下にあった地域の遺跡の被害状況の調査が急ピッチで進められている。 これはイラクで行われているFaida遺跡の緊急発掘で、アッシリア(新アッシリア)時代の立派なレリーフが見つかったよという話。イラク北部のDuhok(ダフーク)から20kmしか離れていない。地図で見るとモースル・ダムのすぐ北側にあり、最近…

続きを読むread more

イランで発見された謎の「長城」の正体は? …今後の調査に期待だ!

年末に忙しくて拾い損ねていた発見の一つ。 イラン西部で見つかった、石で作られた謎の「長城」。その大きさから、"ハドリアヌスの長城"とも比較されているが、今のところ正確に「いつ」、「誰が」、「何のために」築いたのかは不明。なんともミステリアスな壁である。 Ancient 70-Mile-Long Wall Found in Wes…

続きを読むread more

息子を悼むヴァイキングの詩の意味は? レーク石碑と冬の時代

デンマークにあるルーン石碑の一つ「Rök runestone」の碑文は、ルーン石碑にしては長文でやや難解なうえ、一部が欠けているため、完全な翻訳が出来ず意味の解釈についても人によって若干のブレがある。(もっとも、北欧神話の詩はだいたいそういう感じなのだが…。) そのレーク石碑の文章について、新たな解釈が出た、というニュースが流れていた…

続きを読むread more

天空の国チベット ~ちょっとした政治と経済の話

前置きが面倒なのでざっくり書いていくが、日本においては、チベット=中国に不法占拠されている弾圧された土地、というイメージが強いと思う。実際、2008年のペキンオリンピックの際には「フリーチベット!」が叫ばれたし、ちょうどダライ・ラマ亡命から50年になる年だったこともあり、ラサでは大々的にデモが行われ。焼身自殺をはかる僧侶も出た。 …

続きを読むread more

天空の国チベット ~チベットで食べられるもの & お土産物屋さん

まずは、チベット各地で食べられる色々なもの。 ツアーで連れて行かれる場所はだいたい決まっていると思うが、ちょっとした自由時間に入れる店にも美味しいものが隠れていたりする。 ただし衛生はあまりよくないので、レストラン以外で食べる場合は自己責任で…。 一つ目は何といってもバター茶。 チベットといえばこれ。寺院の近くに茶室があ…

続きを読むread more

天空の国チベット ~チベットのお寺の見どころ

チベットの冬は、巡礼シーズンである。 農業や放牧で生計をたてている人が多いため、冬の仕事のない時期にお寺巡りをする。この季節は中国人の公務員は冬休みで低地に帰っているし、寒すぎて中国人観光客はほぼ来ないので、街にはチベット人が多い。マニ車を回しながらお堂の周りを廻ったり、ひたすら五体投地していたりする人々のダイナミックな信仰を見る…

続きを読むread more

天空の国チベット ~ラサの見どころ

ラサの見どころというタイトルをつけたが、一般的な意味での見どころではない。 というかそういうの求めている人は普通の旅行案内でも見て欲しい。 まず見どころとして中国人街とチベット人街の雰囲気の違い。 ラサ周辺は両者が半々に住んでいて、中国人は中国政府から命じられて補助金もらって移民してきている人たちだ。居住するところは新規で…

続きを読むread more

[遠征]青海省~チベット自治区まとめ(2019)

天空の国チベット ~富士山よりも高い場所へ行って来た。 天空の国チベット ~青海省・西寧 天空の国チベット ~青蔵鉄道に乗ってみた 天空の国チベット ~ラサの見どころ 天空の国チベット ~チベットのお寺の見どころ 天空の国チベット ~チベットで食べられるもの & お土産物屋さん 天空の国チベット ~ちょっとした政…

続きを読むread more

天空の国チベット ~青蔵鉄道に乗ってみた

中国・青海省からチベット(自治区)の首都ラサへ続く、青蔵鉄道。日本でもファンは多いという。最高点の駅は5,000mを越えており、世界で最も高いところを走る鉄道だ。 飛行機に乗りたくないという理由でこの鉄道でのアクセスを選んだのだが、…ラサ入りするにはツアーでなければ不可能(※まっとうな手段で行く場合)で、旅程やホテルが決まっていないと…

続きを読むread more