聖なる獣はいかにして死んだのか。古代エジプト末期の「動物ミイラ」の研究

古代エジプト末期、紀元前700年~ローマ支配下の紀元後300年ごろにかけての時代に大量に作られた動物のミイラ。 これらのミイラの大半は、愛されたペットではなく、縁起物のミイラにするために神殿で飼育され、意図的に殺された「商品」である。イメージとしては、日本の神社でいう絵馬のようなものに近い。宗教施設で買い、最終的に宗教施設に持って行っ…

続きを読むread more