クフ王の船、二隻並べて大エジプト博物館に展示されることになる。(計画変更)

現在建設中、そして当初の予定では今年中に開館したいと言っていた大エジプト博物館では、日本の支援によって復元が実施されようとしているクフ王の第二の船が復元終了後に展示されることになっていた。今回の決定は、そこに第一の船も並べて展示することにしたよ、というもの。第一の船のほうは既に復元されて「太陽の船博物館」に展示されていたが、そちらは既に閉館され、移設が始まろうとしている、とのことだ。

ソース
https://www.egypttoday.com/Article/4/91295/Four-artifacts-you-won%E2%80%99t-see-except-in-the-Grand-Egyptian

egy.PNG

大エジプト博物館のこれからの展示計画について書いてある中の「Khufu’s Ships:」という項目が該当する。

 "This was the idea of Atef Moftah, general supervisor of the Grand Egyptian Museum and the surrounding area. "

とのことで、また思い付きで計画変えたのかよ! 展示スペースどうすんの?! みたいな感じ。建設途中の計画変更はピラミッド作ってた時代からの伝統だね!! いやまあ確かに並べてあったほうが比べて見られてよかったりはするんだけどさ…あの大きさの組み立て終わってるものを搬入口から入れるの大変そうだな…まあ何とかなるんでしょう…。

オベリスクを吊るすとか、巨像を置くとか何か色々と挑戦的な計画をしているらしい、この博物館。
最大の問題は、遅れまくっている開館予定日と変更されまくる計画から、いつ開館できるのかということに尽きる。なにしろ、ここに展示するためにカイロ博物館からツタンカーメンの副葬品など目玉展示物がすでに輸送されており、開館してくれなにいことには、エジプトに行っても有名な遺物が見られない、という状態のままだからだ。

そしてエジプトは今、コロナ対策でもちょっとアレがアレしている状態で、あまりよろしくない。
開館したら行きたいんだけど…日本からの入国が許可されるかどうかはまた別問題だしなあ…。

はてさて、来年くらいには、何とかなるものでしょうか。
メンフィスの神々、疫病の支配者セクメト様と、モノづくりの神プタハ様に祈りながら待ちませう。