チベットの自然神崇拝と仏教の関わり「森のチベット」ついて

チベットというと標高の高いところが多く、高原というイメージが強いのだが、少し標高の低い端っこのあたりは森林限界以下なので森がある。 そして、その森の部分には仏教ともボン教とも別に、日本でいう神道に近い自然神や精霊の信仰が今も生きている。 …というのを今更のように知った。 「森のチベット」アルナーチャル・プラデーシュ州西部に…

続きを読むread more