アメリカ大陸に最初に到達した人々の痕跡、1万6千年前の石器がアイダホで発見される

ヒトがアメリカ大陸に最初に到達したのは、氷河期の終わりに近い時代だということは既に広く知られているが、その年代は新たな発見物とともに遡りつつある。最大の見積もりで2万年くらい前では? という説も見たことがあるが、どうやらその可能性に近付きつつあるようだ。

First people in the Americas came by sea, ancient tools unearthed by Idaho river suggest
https://www.sciencemag.org/news/2019/08/first-people-americas-came-sea-ancient-tools-unearthed-idaho-river-suggest

america.PNG

元論文
Late Upper Paleolithic occupation at Cooper’s Ferry, Idaho, USA, ~16,000 years ago
https://science.sciencemag.org/content/365/6456/891


前提として、現在の説ではアメリカ大陸に移住した最初の人々は陸路ではなく海路で、氷河期が終わる以前に海沿いに南下していった可能性が高いと考えられている。氷のない回廊が出来あがる以前の時代にヒトが暮らした痕跡が見つかりつつあるからだ。
ただし、回廊が出来るのが以前考えられていたより早かった =陸路で移住することの出来た年代も従来より遡る可能性がある、という説もあるため、アメリカ大陸への移住のシナリオは年々、複雑化する一方だ。

今回の発見は、その議論をさらに面倒くさくするものかもしれない。

--------------------------
【ポイント】

・今回発見された石器には、クローヴィス文化に特徴的な溝が無い
・日本の北海道で見つかっている同時代の石器に似ていると言われている

--------------------------

まず遺跡の場所だが、海から川伝いにちょっと奥に入ったあたりになっている。
北側はまだ氷におおわれているため、海沿いに南下してきて氷の溶けたところから奥地に移住していった、という感じの場所になっている。

F1.large.jpg

クローヴィス文化の石器については、以前書いたこの記事を参照。
こっちで紹介した石器は13,000年前くらいのもので今回見つかった石器より新しいので、溝をつける技術は大型獣を狩るようになってから開発されたもの、というシナリオも成立しなくはない。


クローヴィス文化の石器に刻まれた溝のヒミツ。命中した時に獲物の身体に残りやすくするためかもしれない
https://55096962.at.webry.info/201704/article_11.html


で問題なのは、日本の後期旧石器時代の石器に似ているようだという話。
石器は似かよったものになるものだから、ばっと見て 似てる だけじゃなあ…という慎重論をとっている学者さんもいるようで、私もそっち寄りの感想を持った。これだけじゃあなあ…。目的が一緒なら作り方もだいたい一緒になるし…。

Stone tools may place some of the first Americans in Idaho 16,500 years ago
https://www.sciencenews.org/article/stone-tools-may-place-first-americans-idaho-16500-years-ago

stone.PNG

ただ、アメリカ大陸に最初に移住した人々の集団がロシアからアラスカに渡る前に分裂して、一部が日本に到達した可能性は、有り得ると思う。つまり今の日本にいる人とアメリカ大陸の最初の住民が親戚同士だった可能性だ。この可能性については以前から研究されており、石器が似ているという話もそこから出て来たものだと思う。

もしこの可能性が検討されるのであれば、北から陸路で北海道に渡って来た人々も、既に渡海の技術を持っていたと言えるかと思う。
なぜか日本の学者さんは南からの移住者しか航海者と認めていないようなのだが、北回りの陸路で移住してきた移住者と、海伝いにアメリカ大陸に到達した人々が同源なら、両方とも海の冒険者なんだと思うよ…。




※余談 この北海道の遺跡は発見されたのが1950年代らしいので、例のゴッドハンドは関わっていない。
北海道の遺跡も幾つか関わっているので、一応リストでも調べました…

https://55096962.at.webry.info/upload/detail/000/684/98/N000/000/014/146227650966356158180_f-5.jpg.html



****
参考: 過去記事

人類のアメリカ大陸到達に新説、氷河期の終わりにアラスカから移住したんじゃなかった→新説ではないデス
https://55096962.at.webry.info/201608/article_17.html

これは2016年に、海路でアメリカに移住した説は新説ではなく既に言われていたものだとツッコミ入れるために書いた記事。
この時点では14,000年前にはチリに到達していたはず…というくらいのスケジュール感だったのが、ずいぶん年代遡ったなあという感じ。



北アメリカ・ブリティッシュ・コロンビア州で1万3千年前の人間の足跡らしきものが見つかる
https://55096962.at.webry.info/201804/article_8.html

かつては海路での移住に批判的な研究者もいたけれど、いったん定説として受け入れられてからは物的証拠がそろい始めてきた感がある。
定説化してから発見が加速しているあたり、今までは見ようとしていなかったか、探していなかっただけなんだろうなだと思う。