いつか行きたいリスト。スペイン/マドリードにあるエジプトの神殿

最近はストビューとか写真投稿サイトとかあって、以前は資料探すのに苦労してた遺跡の写真がサクッと検索できるんで便利になり申した。
というわけで、スペイン/マドリードにある「本物の」しかも珍しく「合法的に」持ち出されたエジプトの小神殿を紹介しておこうと思う。

デボー聖堂 Debod Temple
http://4travel.jp/overseas/area/europe/spain/madrid/kankospot/10337768/tips/12523450/

画像


カタカナ表記がデボーになってるけど、エジプト本ではダボットとかダボードという名前で出てくることが多いかな。
この神殿は、エジプトでアスワン・ハイ・ダムが出来たときのユネスコの救済プロジェクトの一環としして、水没する予定だった遺跡の中から、比較的残りのよかったものを救済して他国に委譲したものの一つ。

リストは以下。

”価値なきものを誰が振り返るのか” ヌビアの悲哀
https://55096962.at.webry.info/200805/article_19.html

アスワン・ハイ・ダムとユネスコ・プロジェクト ~救われなかった遺跡たち
https://55096962.at.webry.info/201303/article_13.html

持ち出された主要な神殿リスト

ダボード神殿          スペイン/マドリード   オエステ公園
デンドゥル神殿          アメリカ/ニューヨーク  メトロポリタン美術館
エル・レスィーヤ岩窟神殿  イタリア/トリノ   エジプト博物館
カラブシャ神殿(の門)     ドイツ/ベルリン  エジプト博物館
ターファ神殿          オランダ/ライデン  古代博物館


この中でダボードとターファは、まだ行ったことないのでいつか…機会があれば…。
ちなみにこれは古代エジプト部分だけで、ほかにキリスト教時代の教会や、岩窟墓(の壁画)も救済はされている。


<<エジプト側>>
・神殿14
・聖堂3
・教会1
・岩窟墓1

<<ヌビア側>>
・神殿4
・岩窟墓1

---計24