スウェーデンで最古のペスト菌の痕跡発見、起源地と拡散の既存説に矛盾

古代の遺体の病歴を調べる手法が飛躍的に進化していらい、考古学×病理学のジャンルがアツい。
まずは今年の6月時点での記事…

現時点で最古のペストの証拠を発見、3,800年前
https://55096962.at.webry.info/201806/article_14.html

そして今回、さらに遡り4,900年前。しかも場所がデンマーク。
これは、今までの「ペストは中央アジアが起源だろう」という説と矛盾する上に、最古の発見でもあるため、発見が正しいのであればペスト菌の進化の歴史も見直す必要が出てきてしまう。

Ancient, Unknown Strain of Plague Found in 5,000-Year-Old Tomb in Sweden
https://www.livescience.com/64246-ancient-plague-swedish-tomb.html

画像


この墓には短期間に死亡した沢山の人が埋葬されたいたとあり、ペストによる大量死の可能性も示唆されている。もし新石器時代のヨーロッパの人口衰退の原因がこの伝染病だったとしたら、ヨーロッパで最初のペスト流行は、5000年も前だった可能性がある。

そして、農耕によって人口が増え、狭い範囲に沢山の人が暮らすことによってペスト菌が進化したという従来モデルと、今回の発見を組み合わせると、ペスト菌の起源も中央アジアではなく農耕の開始された西アジアで、そこから中央アジアとヨーロッパに同時に広がっていったというのが正解かもしれない。

ちなみにペスト菌の検出と判定はDNAレベルでやってるので、きれいに取れてれば菌の進化系統樹も書けるはず。




なんでペストにこだわるかというと、エジプトでもペストが流行ったことがあって、下流のフスタートが壊滅したことがあるからなんだ。そう、発端はまたいつものエジプトなんだ。古代から一般的な病気だったのかどうかが知りたくて調べ始めた話なのだ。

疫病の歴史と死の吐息/エジプトにペスト流行はあったのか
https://55096962.at.webry.info/201604/article_18.html

記録にないだけで古代からあったのか、それとも比較的新しい時代にはじめて入ってきた病気なのか、この記事の時点では判らなかったけど、最近の研究からすると実は新石器時代には既に存在していたと判ってきた。なのに大流行は何千年も後になるまで発生していないようなので、単純に人口密度や気候変動による条件変化の問題なのか、それともどこかの段階でペスト菌が進化して毒性を強めたり、伝播経路が増えたりしたせいなのか、と考えていたが、実は発見されていなかっただけで古代から大規模な流行は存在していたのだとすると、ある意味納得も出来る。

とはいえ、今回の発見の妥当性の検証は、まだこれから。もし大規模なペスト流行が人間の集住によって引き起こされてきたのだとしたら、他の大量死した墓地からもペスト菌は見つかるはずだ。

今後の研究に注目である。