豆知識/アマゾンのジャングルには南米原産の竹林がある。

こないだ行ってきたアマゾン旅で、ジャングルウォークの最中にちょいちょい竹林があって「何でこんなところにあるんだろう」と思ってたわけですよ。

頭の中で竹林=アジア、という図式があったので、てっきり外来種が根付いたものだと思ってた。
でも写真見返してみたら、なんか太いのやら細いのやら色んなのがあるし、範囲も広くてこれほんとうに外来種か? と気になって来た…

画像


そこで「竹」「南米」とかでググッてみたところ、やっぱり… 南米に竹は自生していた
しかも「Guadua xxx」という名前で色んな種類があるっぽい。太いものは現地で建材として使われたり、ごはん作るときの蒸し焼き器になったりするらしい。アジアと一緒じゃん。

で、もうちょっと詳しく調べてみると、guaduaという名前はコロンビアで使われる名称から来ていて、様々な亜種があるという。熱帯域に広く生息していて、ブラジル~ベネズエラの南まで生息域が広がっている。間違いない、これだ。今回行った場所だ。

画像


https://www.guaduabamboo.com/genera/guadua

いやーまさかジャングルの中に竹林があるとは。これは現地行ってみないとわかんないわ…。

ただ面白かったのは、出会った竹林はどれも、日本ほど面積が広くなかったこと。それと竹だけで生えてる場所がなくて、竹にツタみたいなのが絡まってたり間から別の木が顔を出してたりして、アジアの竹林とは雰囲気は確かに違っていた。そのへんは、土地柄的なものかもしれないです。