現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 発表会で発表された情報が出て来ない?マスメディアの記事の仕組みがどうなってるのか分からない

<<   作成日時 : 2018/02/08 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

現在、日本の支援でエジプトに建設中の「大エジプト博物館」。
工期が遅れに遅れて現在まだ60%しか出来ていない中、それでも今年末の部分開館を目指すということで、ツタンカーメンの墓から出てきた副葬品の移送も始まっている。そのため日本でもちょいちょい報道はされるようになってきているのだが、どうも内容が…薄い…ような…?

そして、去年、自分も一般席でコソっと紛れ込んできた発表会の内容が、ほぼ報道されていないことに気がついてしまった。

JICA支援/大エジプト博物館(GEM)プロジェクトの発表会に行ってきた。
http://55096962.at.webry.info/201711/article_7.html

 ・プロジェクトは日本主導で支援しているはずで、エジプト人の研修も日本で行っている。情報は手に入りやすい。
 ・一般人が紛れ込める発表会でも、メディアに流れている以上の情報が手に入った
 ・というかその発表会にメディアが招待されておりプレス席が設けられていた
 ・でも情報がほとんど流れてこない、少なくとも日本独自の情報がほぼなくて海外メディアに流されている内容とあまり変わらない

日本独自の情報、といえば、「日本の技術でツタンカーメンの秘宝を守る!」という感じの、あまり内容を見てない感じの報道である。いや、日本の技術がレベル高いのはそうなんだけど、別に他の国がやっても他の方法でやるだけで、そこ重要じゃないから。

というわけで、最前列のプレス席に陣取ってたあの人たちのした仕事が何だったのかが、よく分からない。


"一般むけにあまり報道されない"という時、その原因は様々だと思う。
情報の公表が甘ければ、一般認知が低いままになるのは仕方ない。一般に理解しづらい話や興味が薄い場合も仕方が無い。
が、世間の興味はそれなりにあり、情報も公開されていて、わざわざプレスを呼んで詳しく説明してるのも関わらず、その内容がほとんど触れられないままというのは、一体メディアの仕事ってどうなってるんだよと疑問に思ってしまう。

多少触れているのもあるが…

“エジプトの宝”移送成功に日本の技術力
http://www.news24.jp/articles/2018/01/12/10382777.html

具体的な輸送方法をどう考案したのかとか、熱く語られていた技術面での言及が全然ないんだよなあ。8割くらい情報が削られてる感じ。これは話をヒアリングした人がよく理解できなかったから省いたとかではないんだろうか。今まであんまりプレスの仕事って意識したことがなかったけど、もしかして「発表された内容を記事にする」のが仕事じゃなくて、「発表された内容のうち自分がわかったとこだけまとめる」のが仕事なの?

一般人むけに判り易くする、とは、情報を理解した上で租借することを言うのであって、難しそうに聞こえる部分をバッサリ削ることではないのだが…。

少なくとも、報道されている内容からするに、あのときプレス席にいた人たちは「プレス関係者」ではあるけれど、考古学や人文学に知見のある担当者ではなかったんだろうな、というのは思った。せっかく場を設けて情報を伝えても、一般向けに出来上がってくる報道内容がカットされてたり改変されてたりだと、そもそもその人たち、居る意味あるんだろうか……。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

発表会で発表された情報が出て来ない?マスメディアの記事の仕組みがどうなってるのか分からない 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる