現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルリン博物館島/5館まとめ

<<   作成日時 : 2017/10/04 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

世界遺産にもなっているという、ベルリンの博物館島「ムゼウムスインゼル(Museumsinsel)」。

5つの博物館が集まる島、と紹介されることが多いが、行った時なんかペルガモン博物館の隣に別の博物館も作ってたので、そのうち数は変わるんだと思う。ちなみにイシュタル門で有名なペルガモン博物館、現在は改築中のため半分しか入れない。イシュタル門とシリアのコレクションは見られるが、有名なゼウスの祭壇の部分は工事中エリア。ガイドブックなどでは「混雑することもある」と書かれていたが、半分改装中なのもあってどの時間帯でも入場制限はなかった。

ひとまず5つ全部周って来たので、それぞれの特徴や見所などをまとめておく。

全部見るなら見る順番としてオススメなのは以下に挙げた順番だが、時間がなくて有名なコレクションだけかいつまんで見たいのなら、新博物館とペルガモン博物館の2つ。ただし、彫像好きなら旧博物館とボーデ博物館、絵画好きなら旧ナショナルギャラリーと島の入口にあるベルリン大聖堂という組み合わせをオススメする。

ちなみに、博物館島の博物館どれでも入れる1日券は18ユーロ。1館10ユーロとか12ユーロとかするので、2館はいればモトがとれる。
交通パスと割引がセットになったベルリン・ウェルカム・カードの割引は博物館島では使えないので注意が必要。博物館・美術館で三日間有効のミュージアムカードなら全部入れる。そのへんを踏まえて、周りたいところと日程を組むといいと思う。



旧博物館(Altes Museum)

メインコレクションは古代ギリシャと古代ローマ。彫像、壷などが多い。エロスコーナーには古代ギリシャにありがちなエッチな造形物シリーズも(笑)メインエントランス前に吹き抜けのホールがあり、その手前から2Fへも入れる。構造上、出入りの際にチケットを見せることが必要となる。
博物館島の一番手前の目立つところにあり、目の前に芝生が広がっている。

画像


新博物館(Neues Museum)

メインコレクションは古代エジプト。地下1Fから地上3Fまであるのでかなり広大である。有名なネフェルティティの胸像があるのは2F奥。その部屋だけは撮影が禁止されている。1Fにはトロイの黄金コレクションの一部やコプト時代のものも展示されていた。
3F部分はドイツで発見された古代〜青銅器時代のコレクションが多い。ベルリンの町から発掘された遺物の展示コーナーもある。


ペルガモン博物館(Pergamonmuseum)

ペルガモンの大祭壇、イシュタル門などで有名な博物館。遺跡を建物の中にそのまま再現しているダイナミックさがウリだが、2017年現在は改装中で仮の出入り口から入ってイシュタル門のある側だけ見学できる。そう大きくはないが、とてもインパクトのある展示をしているのでガイドブックなどでは「必見」と書かれていることが多い。

本来の入口は工事中。
画像


ボーデ博物館(Bodemuseum)

博物館島のいちばん奥のとんがってるところにある博物館。彫刻をメインに展示している。建物が面白い。キリスト教関連のものと膨大なコインコレクション、それと行ったときはシリアセクションが特別に作られていてシリアの失われた遺跡の展示がしてあった。中世の宗教美術が好きな人は楽しいと思う。ちなみにキリスト教の中でもビザンツやローマのものは旧博物館のほうに収容されていた。

シュプレー川のクルーズ船に乗るとここの前をとおるとき皆が立ち上がって写真をとりはじめる。ベストスポットらしい。
画像


旧ナショナルギャラリー(Alte Nationalgalarie)

ひたすら絵画の詰め込まれた美術館。ドイツ絵画とフランス印象派がメイン、彫刻はあまりない。フェルメールとかマネとかモネとかルノアールとか、有名どころの絵が一杯並んでいるので絵画にくわしい人は楽しめると思う。あんまり詳しくなくても印象的な絵はきっと見つかる。書籍コーナーは作家ごとに有名作品をまとめた分厚い図録が何種類も山積みにされていて明るく広いシャレオツなカフェが併設されている。そういう雰囲気が好きな人にはたまらないであろう美術館。


*****

各博物館には、小さなカフェはあるものの食事をとれるようなところはない。ごはん食べる場合は川を渡ってミッテ地区のほうに行くか、川沿いのオープンカフェに行くしかない。ただしオープンカフェは風が吹いてるときは寒い。そして犬の散歩をしてる人が多くて、あまり地面が綺麗じゃないという。
時間があるならミッテ地区のレストランにいくことをおすすめ。

各博物館とも図録がくっそ重いので、本を買う場合はリュックでいこうね…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ベルリン博物館島/5館まとめ 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる