現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS シルクロードを作った見えざる遊牧民の道。大陸横断ルート形成の謎にまた一歩

<<   作成日時 : 2017/07/01 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

シルクロードの知識があまりないのと、原文だけでめっちゃ面白いので、とりあえず日本語記事と概要だけおいとくよ!!

シルクロード出現の謎がデジタル地図で明らかに
http://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v14/n6/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E5%87%BA%E7%8F%BE%E3%81%AE%E8%AC%8E%E3%81%8C%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%9C%B0%E5%9B%B3%E3%81%A7%E6%98%8E%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AB/86006

上記の論文の概要

Nature: Silk Road evolved as ‘grass-routes’ movement
https://source.wustl.edu/2017/03/nature-silk-road-evolved-as-grass-routes-movement/

理解の参考になる記事

Geographical Setting of the Silk Roads
http://asiasociety.org/geographical-setting-silk-roads?page=0,5

画像


【概要】
シルクロードはなぜそこに作られたのか。なぜそのルートが選ばれたのか。というシルクロード「出現」の謎を解く研究。
コンピューターでシミュレートしてみた結果、大陸を東西に横断するシルクロード、そのルートはそれぞれの地元に住む遊牧民の使っていた道を繋いだ集合体であり、最初から最も効率的なルートが選ばれていたわけではなかったことが見えてきた。

例えばA-B-C-D-Eという村があったとして、Bの村の人はAとCの村へのルートを持っている。Dの村の人はEの村へのルートを持っている。Aの村の人はEの村は知らないが、旅人がEへ行きたいと思って村を順番に辿っていけば、自然とAからEへのルートが出来上がる。

シルクロードはこうして、地元民のいつも使っている道がどんどん繋がって形成され、あとから少しずつ最適化され、途中に新たな中継都市や交易拠点が出来てきたのだとする。最初から「最適なルートを通っていた」わけではなく、徐々に形成されていったはずだという話である。

これが正しければ、シルクロードは、「シルクロード」として歴史上認識される以前の時代から潜在的に存在し、その本当の担い手は、そこらへんに住む土着の遊牧民だったという話である。(ていうかそんな感じの話は別のとこでも読んだ気がする。ソグド人の話とか)

シルクロードは線ではなく面で考えろ、というのは誰だったか日本の学者の人が言ってた気がするんだ…
家に資料がないから誰か補足ヨロスク ←ひどい

***

ちなみに今回の話の主題になっているのは、シルクロードの中でも「ステップ・ルート」とか「草原ルート」とか言われるもので、日本で人気?の「オアシス・ルート」ではない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

シルクロードを作った見えざる遊牧民の道。大陸横断ルート形成の謎にまた一歩 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる