現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 【定期】クフ王の第二の船("太陽の船"とも呼ばれる)を発見したのは吉村作治ではないです

<<   作成日時 : 2016/12/18 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

何十回でも何百回でも、その嘘が消えるまで繰り返しますが、クフ王のピラミッド脇から見つかった「第二のクフ王の船」、または「第二の太陽の船」と呼ばれているものを発見したのは、吉村作治や早稲田大の発掘隊では無いです。


発見者は第一の船と同じエジプトの学者カマル・アル=マラーハ(Kamal El-Malakh)で、発見年は1954年です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Kamal_el-Mallakh

同じ構造の石でフタをされた溝が並んでいて、その片方を空けてみたら船があった。もう片方の中にもあるはずだと分かってはいたけれど、予算や保存の関係で最近まで発掘に手をつけられずにいました。早稲田隊がやったのは、その石で蓋をされていた二隻めの船の埋蔵場所の中に、確かに中身が入っていると「確認」したことだけです。

発見ではなく「確認」です。



これはゆるぎない事実であり、(日本語以外で)調べればいくらでもソースの出てくる話なのですが、90年代から2000年代初頭のテレビや雑誌でさんざん宣伝されたので一般に定着してしまいました。当時はまだネットなんかもあんまり発達してなくて訂正が追いつかないまま今に至ってます…

が、ウソが百回繰り返されるなら、二百回訂正すればいいだけです。
一般人ならどーせわからんだろうとウソをつく奴がいるなら、一般人はバカじゃねぇんだよクソがと一般人自身が殴り返さねばならんのです。

何度でもいいます。発見者はカマル・アル=マラーハ(Kamal El-Malakh)さんで、発見年は1954年です。
1987年は早稲田大の調査隊が中身を「確認」した年です。発見ではありません。

え? それでも「フタを開けてなきゃ発見じゃないじゃん」って言いますか?
確かに。しかし、それでも早稲田大は、フタを閉じた状態で電磁波で調査しただけなので発見にはならないです。ナショナル・ジオグラフィックの調査隊が石の隙間からファイバースコープを入れて中に確かに木材があると確認したことのほうが確実な「発見」となりますね? なので、エジプト本の「主要な発見」の項では早稲田の調査は記載されてないことの方が多いです。この船に絡む日本の業績がようやく記載されるようになるのは、2012年以降、実際に木材を取り上げて修復を開始してからですねー…。

#煽りじゃなくてマジに言いますが
#ちょっと英語でググってみてください、すぐ分かるんで


例)

Captain's shrine of King Khufu's second solar boat discovered
http://english.ahram.org.eg/NewsContent/9/40/222404/Heritage/Ancient-Egypt/Captains-shrine-of-King-Khufus-second-solar-boat-d.aspx

"The Khufu boats were discovered inside two pits in 1954 when Egyptian archaeologists Kamal El-Mallakh and Zaki Nour were carrying out routine cleaning on the southern side of the Great Pyramid of Giza."


" The second boat remained sealed in the neighbouring pit until 1987 when it was examined by the American National Geographic Society in association with the Egyptian Office for Historical Monuments.

In 2009, a Japanese scientific and archaeological team from Waseda University headed by Sakuji Yoshimura offered to remove the boat from the pit, restore and reassemble it and put it on show to the public."




Resurrecting the Pharaoh’s Solar Boat
http://popular-archaeology.com/issue/12012013/article/resurrecting-the-pharaohs-solar-boat1

"In 1954, while famed Egyptologist Kamal el Mallakh was conducting a routine cleaning at a dig site, he discovered two large wooden funerary boats buried beneath the Great Pyramid on the Giza Plateau."


"Then, in September of 1987, Japanese researchers reconfirmed the presence of the second boat, resting below large limestone slabs. One month later, a group of archaeologists sponsored by the National Geographic Society drilled a hole in the limestone slabs around the boat to insert a small camera, revealing the wooden planks. "



画像



ネットの記事とかウィキペディアなんか信用できるか! あと英語読めない! って人には、こんな感じで日本語のいい本もありますね。

古代エジプト探検百科―ヴィジュアルクロニクル
原書房
ニコラス リーヴス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古代エジプト探検百科―ヴィジュアルクロニクル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


主要な古代エジプトの遺跡・遺物の発見について、発見年、発見者、および発見のシチュエーションなどを判り易く書いてくれてる楽しい本です。もちろんクフ王の船の発見は二隻とも、1954年のところに書いてあります。

ソースを挙げても見ないっていう人には特に言うことはありません。私が言いたいことはただ一つ、「人様の業績をパクるような男に価値を認めるかどうか。決めるのは貴方自身だ」ということです。

エル・プサイ・コングルゥ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

【定期】クフ王の第二の船("太陽の船"とも呼ばれる)を発見したのは吉村作治ではないです 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる