現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューファンドランドで新たなヴァイキング入植の証拠を発見か?

<<   作成日時 : 2016/04/08 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

北米に入植したヴァイキングたちの運命を物語る…かもしれない遺跡が発見。
ヴィンランド・サガの世界です。

New evidence of Viking life in America?
http://www.bbc.com/news/magazine-35935725

画像



最初に発見されて一番有名なのがランス・オ・メドゥ。当時のロングハウスが再現されていたりして観光地にもなってます。
http://55096962.at.webry.info/200803/article_3.html

今回見つかったやつは、ランス・オ・メドゥと同じニューファンドランド島の端っこにあるっぽいですね。
サラ・パーカク博士が出てますが…。衛星写真から、遺跡のありそうな場所にアタリをつけて調査してみたら確かに痕跡が出てきたよ。ということみたい。ただ、ここも入植地っていうより一時的なキャンプ地ぽいですね。


他に、数年前には近隣のバフィン島でもヴァイキングのキャンプ跡が見つかってます。ここも、集落っていうより一時的なキャンプ地っぽい。

http://55096962.at.webry.info/201210/article_30.html


まあサガでさんざんネタバレされてる話ですけど、ぶっちゃけこの入植は失敗しますんで。(´・ω・`)
グリーンランドと同じで、元住んでた土地の生活をそのまま持ち込もうとしたら気候が全然違っててダメだった系。北米の場合は、もともと住んでた先住民(ドーセット人)との衝突も原因。

入植者の墓なども見つかっていないので、おそらく短期間だけ居て「やっぱムリだった」って帰っていったものと思われ、なので遺跡といっても出てくる生活の痕跡は少ないです。今も無人の、手付かずの土地だからきれいに残ってるだけ。

この遺跡単体よりも、ヴァイキングが持ち込んだ病原菌がドーセット人の絶滅の原因になったのでは? という説がどうなるのかに興味があります。もし、接触の規模が従来考えられていたより広範囲かつ長期間だった場合、この説の妥当性も高まるわけなので。

http://55096962.at.webry.info/201409/article_17.html

ちゅうわけで今後の調査に期待ですかねえ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ニューファンドランドで新たなヴァイキング入植の証拠を発見か? 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる