現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ネット上で、日本人と韓国人の遺伝子は違うんだァ! って言ってる人がいるんだけどさ

<<   作成日時 : 2016/03/21 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ググっても誰もソース書いてないし、根拠が分からんかったのでとりあえず手に入る資料で、どこらへんから出てきたのか調べてみた。
遺伝子レベルで違うんだ、って思い込みたい人は、たぶんネトウヨ乙wとか煽られちゃう系の人なのかなってのも思ったけど、ただ単に誰かの言ったことを真に受けてしまってるかわいそうな人なのかもしれないし…。

まぁ常識に考えて、 隣同士だし人がゴッソリ入れ替わったことも無いんだから常識的に考えてそんなに大きく変わるわけねぇだろ って話なんですが。

遺伝子の大枠として考えるなら、現生人類はみんな基本一緒。地球上のどこの人だろうとホモ・サピエンスなわけですし。ていうかボノボとは99.9%まで一致するわけですよね遺伝子。(笑) 残り1%の中の微少な差異でどうこう言ってもしょうがねぇ。

ちなみに遺伝子とDNAは意味が違ってて、前にリンクしたこのページとか参照してもらうと分かると思うんだけど、

 DNAの中の遺伝情報を記載している部分が"遺伝子"

となる。で、遺伝子は人間である以上、住んでる場所での大差はない。自分と他人との差は、0.1パーセント。そして、基本的にオンリーワンなので国によって違うとかそういうわけ方は出来ない。

http://www.lif.kyoto-u.ac.jp/genomemap/

画像


というわけで、日本人は大陸人とは違うと主張している意見は、遺伝子ではなくDNAの話で、おそらくハプログループなのだろうと推測する。

ハプログループの「ハプロ」は半数体を意味する「ハプロイド」から来た言葉。母系で遺伝するミトコンドリアDNAと、男系で遺伝する(男子の子孫にしか受け継がれない)Y染色体についてそれぞれ設定されている。DNAは、一定の頻度で変化する。その変化によって、古いものから新しいものまで"型"がグループ分けされているのだ。


で調べてみると、日本人の持つミトコンドリアDNAのハプログループの割合・種類については周辺地域と大きな差異がない。

画像


画像


Y染色体のほうを調べてみると… お、なんか差異らしきものがある。

画像


男系のみに継承されるY染色体のハプログループの割合については、確かに日本と韓国では差異がある。が、違うのは型が含まれている割合だけで、存在する種類はほぼ一緒。血液型で言うと、B型が多いかA型が多いかだけで全種類あるのはどっちも変わらん、という状態である。もしココが出所だったとしたら、伝言ゲームしてる間に全く違う意味になってしまったんだろうな、としか言いようがない(笑)


というわけで、

 ・日本人の遺伝子が隣の国と全然違うということはない。
 ・ミトコンドリア・Y染色体のDNAで各ハプログループの"存在する割合"には差異があるが、グループ自体が際立って特殊ということはない。
 ・DNAで見ても大陸側と繋がってると言える。(当たり前だけど。)


ミトコンドリアDNAは母から子へ必ず受け継がれるけど、Y染色体は息子が生まれなかった人のはその時点で消滅するから、割合が変化しやすいんだよねぇ。鎖国で人の流入が停止してた時代とかに割合が変わってそう。まあなんだ、次に「遺伝子レベルで奴らとは違う」的なドヤ顔してる人がいたら(こいつは多分ニュータイプとかそういうやつなんだな)と思ってあげるといいかもしれない。


*******************
おまけ

DNA解析の限界/実は単品ではあまり役にたたないという話
http://55096962.at.webry.info/201602/article_3.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ネット上で、日本人と韓国人の遺伝子は違うんだァ! って言ってる人がいるんだけどさ 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる