現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ぱおーん! これがアイルランドの鉄器時代の音楽だ。

<<   作成日時 : 2015/09/09 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

うろうろしてるときに見つけたこれ。なんかこういうの好きな人いそうだったので。

Experimental Archaeologist Revives Music of Iron-Age Ireland
http://www.sci-news.com/archaeology/science-music-iron-age-ireland-03202.html

3Dプリンタで再現した角笛を吹いてみたぜー! っていう実験。思ってたよりビブラートかかった音なのね…。
実物ではムリだけど、こうして再現したものなら好き勝手に扱えるからいいよね。

場所がアイルランドってことはケルト人の持ち物なんだろうか。戦闘の合図用か、はたまたお祭りや儀式の時用か。


前に紹介したギリシャの皿投げとか、ツタンカーメンのミイラの実物大レプリカとか、考古学の世界では3Dプリンターの活用が盛んになってきている。
これぞ有効活用だと思うのですよ。

この技術を伸ばしていけば、いつか、破壊されてなくなった遺跡を過去のデータからまるまる再現、とかも出来るようになるんじゃないかと思う。もちろん、ありし日のデータがないと無意味なんだけど… 可能性として。

   パルミラ…(´・ω・`)



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ぱおーん! これがアイルランドの鉄器時代の音楽だ。 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる