現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS モヒカンの起源はエジプト!(かどうかは分からないが) 紀元前3500年、エジプト女はモヒカンする

<<   作成日時 : 2015/09/23 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ナカダIIB〜IIC期(紀元前3650〜3500年)ごろの墓、HK34から発見された年配女性の頭蓋骨に残っていた髪、その髪型がモヒカンなのですよ。

(※ナカダ期の年表の詳細はこっちにある。ナカダU期は、まだ上エジプトと下エジプトの文化が融合していない時期。)

画像


うーん、いい立ちっプリ!
5500年の時を越えて耐えるほどの整髪料はまさにエジプトの神秘(←おい)

(※写真の出典元はココ 
http://www.hierakonpolis-online.org/index.php/explore-the-predynastic-cemeteries/hk43-workers-cemetery)

ちなみに、このHK34は一般庶民の墓の集合体で、後世に盗掘を受けているので無傷で残っているのは1割弱ほど。
モヒカン・レディは埋葬333というところで発見されている。ページを見てみると、埋葬品の中に土器やアクセサリーなど小物が意外と多いことに驚くかもしれない。そう、一般庶民もモノは持ってたのだ。ただし一般庶民なので、立派な墓などはなく、王や貴族と違って熱い砂の中にチョクで埋められている。きれいに残っているのは乾燥しているエジプトならではだ。

髪を染めてみたりヘアスタイルにこだわったりと、意外とファッショナブルだったのは日本の縄文時代と雰囲気が似ている。

やっぱ私はこのくらいの時期のエジプトが一番好きだなー。アニマルスタイルの小道具とかアクセとかがツボ。このモヒカンの女性の墓にも鳥の形した薄緑のパレット(化粧に使う石などを砕く道具)が入ってたみたいだけど、デザインがすごい洗練されてて現代でも使えそうな感じなんよね。

デカいピラミッドとか作ってた時代の文化が優れてて、それ以前は劣ってたとかそーいうわけでもない。その社会の文化水準が高いかどうかは、一般庶民に浸透しているかどうかで測れると思うのです。


*****

あ。ちなみに、このページ、副葬品のメロンの写真もあります。ていうか元は古代のメロンとスイカの写真探してて辿り着いたとかいう話。まぁその…メロン… 五千年以上経ってるので干からびきってて石にしか見えないんだけどね…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

モヒカンの起源はエジプト!(かどうかは分からないが) 紀元前3500年、エジプト女はモヒカンする 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる