現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS トチ餅が食べたい! というわけで

<<   作成日時 : 2015/05/29 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

探してみたけど近所に売ってる店が無く、仕方が無いので、ちょっと高いけど通販で手に入れた。
トチ餅とは、トチの実でつくるお餅のこと。これは中にあんこ入ってる近代のお菓子。昔ながらのトチ餅はあんこ入ってない。

画像


ネットでぐぐると色んなタイプがある。

画像



トチ餅の何がいいかといいますと、これ縄文時代から日本人が食ってるモノなのね。伝統中の伝統の食べ物。

学校の歴史の授業で縄文時代が出てきたとき、「縄文人は、栗やクルミ、カシ、ドングリ、トチの実などを野山で最終して食べ…」みたいな感じで習ったと思う。ドングリなんかと同じように山で集めて食ってたもの。ドングリと同じく、そのままでは食えないので灰汁抜きをしてすり潰して食べるもの。食べるのに手間隙かかるんだけど、保存が効くので、稲作を始めてからも農村では飢饉に備えてドングリなどと一緒にトチの実を保存したんだ。

小さい頃、山にある食える木の実を教えてくれたのはじいちゃんだった。戦後の食糧難の時期に山の木の実を集めていたらしい。「大昔の人と同じことをした」と言っていた。

 木の実は山の味がする。

子供の頃の楽しい山歩きの思い出とともに刷り込まれた記憶である。ちなみに、拾って帰った木の実やら草やらを、ぶつぶつ言いながら食べられる状態にしてくれたのはばあちゃんだった(笑)
じいちゃんばあちゃんの世代的には、苦しい時代に食べた少し苦い味だったのかもしれないが、私の世代的には「たまにしか食べられない変わった味」だった。中でもトチ餅は別格だった。何しろ近所に生えてなくて、おじさん家の山まで行かないと採れなかったから・・・。


というわけで長くなってしまったが、トチ餅は独特の後味があるけど美味いよ! 山の味だよ!! って話。
あとはたぶん、昔読んだ「モチモチの木」っていう本の影響もあるのかな。

モチモチの木 (創作絵本6)
岩崎書店
斎藤 隆介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by モチモチの木 (創作絵本6) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


山の恵みは美味いぞぅ。愛でて登って食う、これぞ山を隅々まで楽しむ山ライフなのだ。

画像


思ってたより上品な味だった。
もうちょっと渋みがあってもよかったかのー。次は自分で焼いて食べるタイプのトチ餅を通販しようっと。(もぐもぐむしゃむしゃ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トチ餅が食べたい! というわけで 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる