現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS エジプトさんがAIIBに参加した理由。

<<   作成日時 : 2015/04/24 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここのところ何かと話題に欠かないAIIB。

「なぜ参加しないんだ、日本は孤立しているぅ!」と叫ぶ人もいますが、自分のお財布からお金を出すと考えている人たちは、「そんな危ないバス乗れねぇだろ…」という意見が多数のようです。ネット界隈では「皿とフォークだけ持って集まって、誰も肉を持ってきてないバーベキュー会場」なんていう揶揄もあったりなかったり。

そんなAIIBですが、しれっとエジプトさんが名前を連ねてます(笑)
3月末に加入申請をして受理されました。(というか、中国さんから誘ったっぽく、参加申請から受理まで非常にスピーディ…)

エジプト絡みならどんなネタでも美味しくいただくぜ、そんなノリで生きてる中の人、早速どのように報道されているか確認してみました。

Egypt’s AIIB membership approved
http://www.dailynewsegypt.com/2015/04/15/egypts-aiib-membership-approved/

By becoming a founding member, Egypt will gain noticeable benefits, particularly as the country’s main needs are in infrastructure development. This will require billions of dollars in investments. Egypt will receive concessional loans and investments in this particularly needed area,


うーんまぁ、バカ正直に言っちゃってるよなァ…という感じ。
創設メンバーになればエジプトは数十億ドルに及ぶインフラ整備の投資を受けられる だそうです。

革命以降ひどい財政難続きのエジプトがお金を出せるわけないんで投資受ける側のつもりで参加してるんだろうなーとは思ってましたがやっぱりねぇという感じ。つい先だっても新首都を建設するからってんで、サウジ他、近隣のおかねもてぃな友人たちから多額の融資を受けてましたし…

※新聞記事は期限切れなのか削除されているので個人ブログにリンク貼りました
※英語ソースなら多分まだどっかに残ってるハズ

そもそもなんで「アジアインフラ銀」なのにアフリカにあるエジプトに投資しに行くんだっつー話もありますが、インフラ投資を希望してるエジプトの設立メンバー加入を許可したってことは、最初から「アジア」で限定せずに世界中どこでも投資できる仕組みにするつもりなんでしょう。

そしてここから判ってくることは、「参加国50カ国」の中には、中国自ら投資を約束して声をかけた、投資される「側」の国も多数含まれているということです。参加国だけ見れば数は多いですが、逆に、数を増やすために甘い餌と約束で色んな国を釣ったんじゃないか? と推測することも出来ます。

というわけで、参加国の内訳を確認してみます。
http://blog.livedoor.jp/kojimashigeki/archives/43427233.html

※これも個人ブログですが、一覧表がわかり易かった。キルギスも参加申請してるはずなので若干情報は古いかも
※台湾がまだ入ったままになってるのもある


AIIB参加国の中で、出資側に回れそうなのは

 中国 韓国 ドイツ オーストラリア インド フランス スイス

くらいですかね…。
イギリスやノルウェーあたりは微妙。あとのヨーロッパの国は、経済規模が小さいか、既に借金でえらいことになってるのになぜ参加してる? (スペインとか)みたいな感じで… このメンツでどうやって500億ドル出せるんだい? と真顔でツッコみたい。

「皿とフォークだけ持って集まって、誰も肉を持ってきてないバーベキュー会場」ってのは、言い得て妙というか、現時点では正解に思える。ていうか、このメンツならそりゃ、日本かアメリカ参加させないと箔がつかないですよ。。





というわけで、これ、参加はとうぶん様子見でいいんじゃないっすね?

実際は投資がうまいこと回らんなって思ったら、あとから脱退国が続出するかもしれんですし。あと、どう考えてもエジプトさんに投資なんて回ってこないと思うよ…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

エジプトさんがAIIBに参加した理由。 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる