現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS インカへの道は一日にしてならず 古代アンデスの権力形成過程 

<<   作成日時 : 2015/03/10 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前に読んだときはサッパリサッパリだったこれをもう一回読み直した。
やっと意味分かったわ!

古代アンデス権力の考古学 (学術選書―諸文明の起源 (006))
京都大学学術出版会
関 雄二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古代アンデス権力の考古学 (学術選書―諸文明の起源 (006)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


このシリーズは本によって難易度にバラつきがあるような気がしていたけどたぶん気のせいじゃなかった。シリーズ中で一、二を争う難解さがこれだ。初心者向けシリーズと見せかけて専門書並の内容じゃんっていう。

本書の主題は、タイトルと帯にあるとおり

 「古代アンデス(のちにインカ帝国が築かれる領域)において、権力というものがどのように誕生し、発達していったか」

というもの。

インカ帝国という一つの纏まった「国家」が作られるためには、まず権力というものが成長しないといけない。
最初は村長さんとか部族長レベルの権力が最高なのだが、そのうちだんだんと貴族や司祭的な階級が生まれ、最高権威としての王のようなものが生まれ、さらに王と神とが結び付けられて、神聖化されたインカの「王」という存在へとたどり着く。インカは一日してならず、である。

そもそも権力はどうやって生まれたのか。

この本ではストラテジ的な視方から、「権力資源」という考え方を最初に持ってきている。
権力資源とは「経済」「軍事」「イデオロギー」
どれだけ掌握できるかによって権力が強まる要素だ。経済や軍事はなんとなく分かると思うが、イデオロギーが何かというと、ざっくり宗教や思想に関わる部分。これらの要素がどれだけ握られていたか、どの要素を集中して掌握していたかなどが、主にペルー北部の遺跡について順次述べられてゆく。

で、最後に、古代アンデス最初の王国と言われるモチェについて述べて、それ以前の小さな共同体や集団とどう違っていたのか、王国を形成するに当たり権力のあり方がどう変化するのかが書かれている。


アンデスはよく「はじめに神殿ありき」と言われるように、農耕や定住の証拠が希薄で、権力の発達基盤が薄い時期から神殿が築かれていたことが分かっている。これを先の三つの「権力資源」に当てはめると、権力の発達がイデオロギー(つまり宗教面)の優先から始まっていて、物流の制御や余剰作物の分配などの経済面、あるいは軍事面が、最初はあまり重要視されていなかったことを指すと言える。

モチェにおける特徴的な点は、軍事に関するコントロール強化ではないかと思う。
それまでの都市文化ではあまり出てこない戦争を描いた芸術作品の増加や、他の都市と争わないと手に入らない耕地の利用の拡大などがその証拠となる。「王国」が誕生する最後の要素として必要だったのは、この「軍事」という権力資源だったのかなあとも思う。インカの拡大も軍事力によるものだったし。

ただしモチェは、インカには繋がらない。モチェ文化圏はインカとは逆に海岸沿いに発達していたし、その後、紀元後700年あたりに滅びてしまう。滅亡理由には、大きく分けて気候変動説と、ワリ人の侵入説がある。どちらにしても、海岸地方に誕生した権力は一端崩壊し、別の形で別の場所に現れることになる。


モチェまでの時間軸の中で、神殿などの美術様式、土器や織物、リャマやグァナコの利用、黒曜石やウミギクガイなどの交易、トウモロコシ栽培やチチャ製造といったインカ帝国を形成するアンデス文明の各種要素はほぼ全てが出揃っている。これらが結局は「権力」を作り出す要素にもなっていくわけだが、文明あるいは国家がいかにして成立していくのか、その前段を考える上で興味深い視点だなと思った。

逆に見れば、「国家が誕生しなかった文明圏には何が足りなかったのか」って話も出来るので。

あと、ほぼ同じ要素が揃っていたにも関わらず、なぜマヤ・アステカ地域ではインカのような巨大な統一国家が出来にくかったのか? という話にも繋げられると思う。




これまで色んな本を読んでみたが、やっぱ「文明」と「国」って別だと思うんだ。
国になるかどうか(=権力が誕生するかどうか)ってのには環境も大きく関わってくる。巨大権力が発達する要素がなければ、国というものが存在しない文明もあり得るわけで、別に必須条件じゃないんだよなーと。あと人口密度はやっぱ大きいと思う。まずある程度の人口がないと、権力ってそもそも強くならないしね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

インカへの道は一日にしてならず 古代アンデスの権力形成過程  現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる