現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 巷でウワサのあの店にいってみた

<<   作成日時 : 2014/11/05 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

見た目のインパクトからウワサになっている、例のあのお店です。
以前は店のオーナーがカウンターの向こうでダンスする、ロボットダンスの店だったらしいです。

画像


たまたま東京に出てきている人がいたので、首根っこ捕まえて一緒に行っていただきます。
ネタは!
熱いうちに!
  う つ の だ!


というわけでやって来ました、どん。

画像


看板自体のインパクトより、隣にスナックの看板があるというシュールさが目を引きます…
ちなみにココは新宿三丁目、ちょっと怪しいもしい個性的なお店が沢山ある町です。SMバーとかホストクラブも近くにあります。


お店は元がバーなのでバーっぽい店構え。席は基本的にカウンター席です。奥にテーブル席もありましたがスタッフの私物が積まれていたので使用不可でした(笑) 壁には酒が並んでいます…

画像


ちなみにメニューは、

 ・ファラオ(ビーフカレー) 900円
 ・クレオパトラ(グリーンカレー) 850円


の二種類のみ。

飲み物はバナナシェイクやソフトドリンク、カクテルなども注文できるようですが、それらの詳細は書かれていないので、飲みたい人はあるかどうか聞いて見るしかないですね。たぶん元がバーなのでバーにあるようなものはあるんじゃないでしょうか。

で こちらがビーフカレーの「ファラオ」。

画像
↑ごはんをピラミッド型に持ってるつもりらしいが
赤いうにうにのせいでイマイチ形が分かりづらくなってるという。


味は美味しかったです。美味しかったですが、値段から考えるとあまりお徳感はなく、あえて新宿三丁目まで食べにいくかと言われると疑問符がつきます。ていうかこの値段ならサラダくらいつけてくれてもいいと思う。

店が狭く、メニューも少ないので、大人数には向きません。
またカウンター席しかなく調理シーンが丸見えになってしまうのも問題。カクテル作りなら人に見せるものですが、カレー盛り付けてるシーンなんて見せられても困るっちゅーか、むしろそれは見たくないっちゅーか、タッパーとかそのへん積んであったり、原料がそのへんにおいてあって「あーあれ使ってるのかーなら原価はxxくらいかのぅ」なんて分かっちゃうのがアレでナニでソレ。カレーなんて作りおきで盛り付けるだけなのに、スタッフが慣れてないのか、出てくるまでに時間がかかったのも若干気になりました。


カレーだけなので、わざわざここでメシ食う気にはちょっとならないかな… 
カレー一本で食っていくならランチタイムじゃないと、夜わざわざ食わないですし。酒飲んだあとに食いたくなる炭水化物は大抵ラーメンですし。バーの時のまま深夜営業で、果たして採算がとれるのかどうか心配になってくる。
自分も、二回目行きたいかと言われると「ネタ狙いの一発勝負の店だねー」という感じ。

ま、それは行く前から分かっていたのですが、どうせネタに走るなら、内装にエジプトっぽさを出すとか、もうちょっと突き抜けてくれたほうがよかった。中途半端感が否めないお店でした。

エジプト風のバーにすりゃよかったんじゃない? とちょっと思いましたが、新宿には既にエジプトリップ空間 ルクソールバーというそのものズバリのバーがあったりするので二番煎じになってしまうか…。


**********

※なお、お店の名前の由来はこの曲らしいです。

http://www.youtube.com/watch?v=qjFs9CPGhts
The Egyptian Lover - Egypt, Egypt

以前はこの曲でロボットダンスしてたんですね、多分。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

巷でウワサのあの店にいってみた 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる