現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS リマのワカ・プクヤーナ遺跡から、新しくミイラが発掘されたようです。

<<   作成日時 : 2013/10/29 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ペルーの首都・リマの新市街にある遺跡、ワカ・プクヤーナから、新たにミイラが見つかったのですよ!
ちょうどこないだ行ってきたっ、タイムリー。

画像


インカ以前のミイラ2体を発掘、ペルー首都の古代遺跡
http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=2149029

「プレ・インカ」が「インカ以前」に置き換えられてる違和感(笑)
先土器時代が「土器時代以前」になってるような違和感。


画像


ワカ・プクヤーナに行ったときの記事はこちら。
http://55096962.at.webry.info/201308/article_24.html

ちょうど発掘してたのよね。ピラミッドの上のほう。
その横を見学させてもらったんだ。英語記事だと、近年発見された墓が2つあったといってるけれど、その2つがちょうど見学ルートで公開されていた。(上の記事にも写真を載せてある)
今回発見されたのと同じ、膝を抱えさせてぐるぐる巻きにした状態で、副葬品と一緒に埋葬されていたみたい。

先に発見されていたものもそうだけど、ワリの墓って貴金属のような貴重品は入れないっぽい。食べものやリャマの毛で作った織物や土器…。だから盗掘を免れていたのかもなあ、と思った。

記事の中で言ってる「マテ茶を飲むのに使われたとみられるネコ型の器7個」が物凄く気になったので探してみたけど写真は落ちていなかった。ネコの器… ネコの器が見たいです先生! とても かわいい 予感が するのです! リマの天野博物館にもネコ型の土器はあったけど、お酒を入れる用のツボばっかりだったので茶器は気になるー。



プレ・インカの土器は、植物や動物モチーフのものが多くて、見ていてすごい楽しいです。
ナスカ文化も地上絵ばっかり有名だけど、ナスカの土器の魚模様のやつとか、すごい可愛くて現代でも使えそうなのが多い。インカといえば黄金、太陽信仰なんだけど、インカ統一以前のプレ・インカだと、土器と織物、大地信仰 なんだよなー。と、最近ちょびっとずつ分かってきましたよ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

リマのワカ・プクヤーナ遺跡から、新しくミイラが発掘されたようです。 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる