現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ボリビアに行きたいなあ、とか ちょっと思い始めた

<<   作成日時 : 2013/09/29 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ボリビアがどこかといいますとココですよ。

画像


ペルーの隣。
正直いままで気にしたことはありまなかったのだけれど、クスコで見たフォルクローレのあたりから色々たどっていくうちに、インカの道がここに通じていることに気がついた。

というより、インカの伝説上、発祥の地はティティカ湖のボリビア側っぽいんだ。


ティティカカ湖は、ペルーとボリビアの間にまたがって存在する高山の上の湖。
前回のペルー旅行では、ティティカカ湖のペルー側にある「プーノ」の町へは行かなかったのだが、湖のほとりには、ボリビア側まで通じているインカ道の跡があるという。初代皇帝が誕生した伝説上の洞窟「タンプ・トッコ」のありかは各種説があるが、ティティカカ湖にある「太陽の島」だという説が一番気に入っている。

というのも、実際にインカ人のDNAを調べたら、ティティカカ湖のあたりが出身地らしいという研究結果を読んだ覚えがあるからだ。自分がマチュピチュに行ってみて思ったことは、山岳地帯出身のほうが強い太陽信仰が生まれそうな風土だと思ったこともある。

もともと高地出身の民族だったなら、クスコみたいな高いところに首都をおいても不思議はないし。



そう、ボリビアは とても高い国 なんである。

空に近い国とか観光ガイドに書いてあるけど、空が近すぎてヘタしたら天国レッツゴーである。高度3700m。ペルー側のティティカカ湖畔の町プーノがそれくらいなんだから、そりゃボリビア側の高度も同じくらいはあるよねって話で。

しかも日本からたどり着くには、2回飛行機を乗り継がなくてはならないらしい。アメリカ経由で1回、ペルーかチリを経由してもう1回。遠い。一気にラパスに行くとほぼ確実に高山病になる。さらに、そもそ最初にたどり着くラパスからしてこの高度。ペルーの時のように、低い町から順応していくということが出来ない。これは辛い・・・。

体調を崩したり、体力のない人が行くと倒れそうだ。


ボリビアには、有名な観光地もある。
一番はウユニ塩湖(実際は「塩原」らしいが・・・)だが、インカに影響を与えたともいわれるティワナク文明の遺跡「ティワナク」もあるし、スペインが侵略してきた時代のヨーロッパと南米の歴史に深く絡む「ポトシ銀山」、月面そっくりと言われる絶景「月の谷」など、これは行ってみたいかも! と思えるスポット多数。

あんま人いなさそうなのもいいかなー。
マチュピチュ人大杉で('A`)ヴァーだったからな・・・。


と、行きたい場所候補リストにソッともう一カ国加えてみる俺。
やーヨーロッパもまた行きたいんだけどね。政情不安がね。むしろクーデターとかインフレとかが一巡した南米のほうが安全なような気がする今日このごろ・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ボリビアに行きたいなあ、とか ちょっと思い始めた 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる