現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 神話マニアたちの妄想「シギュン女神ヤンデレ説」

<<   作成日時 : 2013/06/13 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

なんのことだかわからないと思うが、世の中には歴史マニアの女性「レキジョ」とは別に、神話マニアの女性というジャンルもあるのである。

時間と空間を超越する能力の前には、超える時間が200年か2000年かは大差なく、我々にとっては、新撰組に萌えるのもアレキサンダーに萌えるのも、ホルス神やセト神やシヴァ様に萌えるのも、大差ないのである。

というわけでちゃっちゃと本題に入らせていただく。お題は北欧神話。
神話マニア界の中でも女性比率が大変お高く、比例して二次創作数も多いジャンルとなっている北欧神話の中で、一番人気のある神様といえば、やはりロキさん。そのロキさんの嫁がシギュン女神である。

画像


神々にとって役に立つこともあるロキさんだが、破天荒な性格といたずら好きな性分が相まって、逆に神々をピンチに陥れることも多々ある。そんなロキさんはある時、神々の宴の席で酔っ払って居並ぶ有力な神々を片っ端から罵倒する(というか、一番痛いスキャンダルを暴露する)という暴挙に出る。神々は怒って彼を岩に縛り付けてしまう。
縛り付けられた頭上には毒蛇が吊るされており、毒液を垂らす。それを、そばで奥さんのシギュンがお皿で受け止め続けている。ロキの捕縛は、世界の最後の戦い・ラグナロクの時まで解かれないことになっている。

神話のこの部分に関して、従来の古参神話マニアの間では、「シギュンさんなんて健気」「浮気されたり他所で子供作られたりして、それでもダンナに尽くすのかーラブラブだな」という解釈が定解釈としてまかり通っていた。

しかし、最近参入してきた新規の神話マニア女子の間にはまったく正反対の解釈が。
「ロキの捕縛はシギュンさんの策略。」「縛り付けられていたら浮気にいけないし、もう私に頼るしかない、っていう」

 シギュンさんヤンデレ説(確信犯)

おー! なるほどその発想はなかった、ていうかそっちもアリかッ。と目からうろこ。
たまにワザと手が滑って毒を受け止めてる皿が傾いて、垂れた毒液でロキが苦しむのを見て恍惚としちゃったり。ありそうだ… けっこうありそうだ。

いや、ていうか、皿が毒でいっぱいになったら捨てにいくから定期的に毒餌を受け止め損ねちゃいます、って神話では語られてるけど、べつに毒捨てるの側でもええやんね。なんでわざわざ遠くまで捨てに行くのか。もしくは皿二枚用意しとくとかさ、やりようはあるんじゃないのかって、昔からうすうす疑問ではあったんだよねー。浮気症の夫への罰、な意味もこめてワザと少しずつ苦しめてるとかだったら、シギュンさんの見方が180度変わるでこれは。北欧神話の女神恐ろしいでー。



っていう妄想でごはん三杯イケちゃったりする感じの人たちが神話マニア系○女子なのである。(キリッ

あれだよね。身内で固まっちゃうと解釈が固定化しちゃってある意味マンネリ化するからね。二次創作に入るにしても、世代がちょっと違うだけでだいぶ物の見方が違うからね。某ソーシャルゲーでヤンキー化していたヘイムダルさんとか新鮮だったわ。神話マニア界楽しい。基礎知識ないと話ぜんぜん通じない狭き世界だけに、選ばれし者たちの社交場的なアレがあったりなかったり。


************

ちなみに個人的な雑感として、女性に人気の神話ランキングは、こんな感じと思われる。

1.日本神話
2.ギリシャ神話
3.北欧神話
4.中国(三國志とか)
5.エジプト

エジプトランキングが高めなのは、「王家の紋章」などから入った往来のエジプトファンに、「遊戯王」から入った新規が上乗せされている故。しかしそれでも昨今の中国もののイキオイには全然かないませんことよ…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

神話マニアたちの妄想「シギュン女神ヤンデレ説」 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる