現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS スターチャイルドのミトコンドリアが人間じゃなかった!!?! 宇宙人にミトコンドリアあるのかよ(笑

<<   作成日時 : 2011/09/03 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

…タイトル通り、という話題でなんか盛り上がったのでちょっと調べてみたんだけどミトコンドリアDNAが地球人じゃない話なんかしてねーじゃん嘘つきめ。

核DNAの一部分が地球上の生物と大きく異なると言ってて、ミトコンドリアDNAは人間のものだけど通常より変異部分が多いのが通常と違う、と言ってるんだが元ソース。


こいつを研究してるロイド・パイって人は、スターチャイルドは人間の母親とエイリアンの父親から生まれたという説を固く信じているので、母親からしか遺伝しないミトコンドリアDNAが人間のものと違うという結果は、たとえそう結果が出たとしても絶対に出してこない。 自説を翻すのでない限りは、一般公開される結果は、最初から決まってるんだ…。

支援者を飽きさせないように、言い方を変えてあの手この手で定期的に「スターチャイルドにまた不思議が見つかったよ☆」って流してる、季節もののニュースみたいなもんだからね。コレ。


**************************

いやつーかね。オーパーツとかなら古代文明なので私の興味範疇なんですが、スターチャイルドと呼ばれている人骨ってぶっちゃけ古いけど単なる人骨なんで、人類学の領域でビミョーに守備範囲ずれてるんですよ。ただ、発見場所がメキシコってことでアステカ文明との関連で語る人がいて、それで何となく知ってるっていう。


で、この骨の基礎情報なんですが。


発見は20世紀初頭とされ、メキシコのチワワ州で発見されたと言われる900年ほど前のものと思われる人骨で、形が普通の子供のものと比べて変わってることもあり、「これはきっと宇宙人と人間のハーフに違いない」という妙な仮説が立てられDNA鑑定などを経て今に至るモノ。

現在は個人所有。




…ツッコミどころが満載なのは言うまでもないんですが、まず注目すべきは強調文字で書いた部分。

実はこの骨は、偶然炭鉱を通りかかったとある少女が発見したもので、その少女の死後にアメリカ人の一般人夫婦に譲られ、現在はLloyd Pye(ロイド・パイ)という、これまた学者でもなんでもない一般人が所有して独自に解析を進めているというブツです。

オーパーツでいえば役満といった感じのプロフィール。ツッコミどころは以下3点。



●発見時の状況が定かではない

公式な記録は何一つとられておらず、写真等もない。個人の証言に依存する。従って発見時の状況は疑わしく、発見場所、同時に発見されたものなどの証言は、すべてが嘘であってもおかしくない。

実例として、マヤの遺跡で発見された遺物と言われていたクリスタル・スカルが、実際は南米ではなくマダガスカル産の水晶で作られていたうえに近代的な研磨剤を用いて作られていた(=偽造品だった)ことが後世に判明したという例があります。


●個人所有なので公平な調査が行われているとは言い難い

「学者には無視された」というのはオーパーツを信奉する人がよく使う言い訳ですが、意外と、持ち主が望む結果が出そうになくて思う調査をさせてもらえないというケースは結構あります。持ち主が個人じゃなくて国の場合でもよくあるケースですが。たとえば中国さんなんかだと、ウイグルのあたりに伝統的に居住してきたのがコーカソイドだと明らかにされるのが嫌でミイラの調査をかたくなに断ってたりします。


●そもそも調査方法が正しいかどうかの検証が成されていない

今までの調査も今回の調査もそうですが、「DNA調査からxxが分かった!」と言っていますが、その手法が正しかったのかどうかが批判的に見られてないです。starchild projectという公式を見てみた限り、とにかく結論ありきで答えをだそうとしているように見える。ちゃんとした学者が調査して調査結果の論文を出しているようには見えないんですよ…。




なにより不信感を抱く原因は、このプロジェクト自体が、「この骨の正体を明らかにする」ではなく、「この骨の持ち主が通常の人間とは異なる」ことを証明するためにあるというところ。

ということはもちろん、通常の人間であるとする情報は発表されず、通常と異なるという情報、たとえば「骨の内部から謎の繊維が発見された」とか、「骨が異常に固く溶解しづらかった」といった情報のみが発表され、あたかもおかしなことばかりが起きているかのように見せることも行われているはず。

当然ながら、科学は未知なる現象を発見したらその原因を探らなくてはならないので、「骨の内部から謎の繊維が発見された」のなら、その繊維が何であるかが解明された時点で発表されるのが通常の手続き。解明出来ないのなら発表する段階にはないし、解明する気がないならその研究に参加した学者どもテメーらは存在する意味がねぇよ、って話です。



でもって、この骨がなんで異星人と人間の女性との混血とされているのか、そもそもの発端が私には理解不能なのです。見た目なんか通常の骨と違うっぽく見える→異星人との混血に違いない! という、その発想の飛躍はどこから来た。

地元民の伝承にそんな感じのがあるんだ! とか主張したところで、そんなもん日本で行ったら「天女は実は金星人だったんだよ」「ナ、ナンダッテー」のレベルでしょ…。天人伝説とか神降伝説とか世界中にある汎用的なもんなのに、空から来るものぜんぶ宇宙人に置き換えるんならそりゃもうファンタジーの世界だ。





そんなわけで、この骨が学者から眉唾扱いされている理由はお察しいただけるかと思います。
最初から怪しすぎて、わざわざ時間かけてまで、そもそもまともに調査しようとは思わない。個人所有だから否定的な視点から検証させてもらうのはムリだろうし。


********


で、遺伝子学は専門外で教養レベルしか知識はないのでアレですが、とりあえず以下のページの重要そうなとこをサマリーしてみた。

ミトコンドリアDNAは母親のみから遺伝する、というのは基礎知識としてもっといてください。もともとスターチャイルドは「人間の母親と宇宙人の父親から生まれたハーフに違いない」と主張されており、従ってミトコンドリアDNAは通常の人間のものであり、それ意外のDNAは通常と異なっている、という解析結果を出す必要があります。

http://www.starchildproject.com/dna2011march.htm



・スターチャイルドと同時に発見され母親と思われていた女性のミトコンドリアDNAはハプログループAに所属するように見えたが、スターチャイルド自体はハプログループCに所属するようだ。なので一緒に発見されたのは母親ではない

※親子関係の判定は通常、X遺伝子の特定領域の比較で行うんじゃないですっけ? ミトコンドリアDNAでやるっつーのは聞いたことないんですが。。。

・通常の人間のもつミトコンドリアを持っていたということは、スターチャイルドの母親は人間で間違いない

※自説は正しいと言ってます。ミトコンドリアも普通のものだと言ってます。

・骨は乾燥していた鉱山の中にあったため状態はよく、ミトコンドリアDNAはの抽出は容易だった

・しかし、つづいて核DNAを抽出しようとすると、それがあまりにも人間のものと異なるために抽出することが出来なかった。

・きっと父親の遺伝子はよっぽど人間のものと違っていたのだろう。

※ ここ爆笑するところです。



しかしついに2010年、核DNAの抽出に成功したのです!!!

・核DNAの大部分は人間のものだった

・でも一部分は到底人間のものには見えなかった、地球上のいかなる生物とも異なっていた!!

・懐疑論者どもは結果を改ざんしていると疑うけど、そんな奴らのいうことは聞くな。これが真実なんだ!!


…まあ、出すべき結果が最初から決まっていて、結果が出なかった場合は「理解不能な不思議な事象」に邪魔されたとか「人智を超えた宇宙人のDNAが」とか言っとけばいいんなら、楽な仕事ですよね。私もシステムトラブルが発生した時にこんな言い訳でエラー解析義務を回避してみたいです。クソッタレな仕事人根性とショボいプライドが許さないと思いますが。

で、ミトコンドリアDNAがおかしいとか何とかいう話は、おそらく2011年にやったという以下の調査のことだと思うんだけど。



・2011年。再びミトコンドリアDNAを調べてみたら、なんか単純な人間のものだと思ってたど何となく違ってた

・あまり変異しないはずのミトコンドリアなのに通常より沢山の変異が認められたんだよ!

・これは単純に33あるハプログループに分類することは出来ないんじゃね? この骨の主は単独で新しいハプログループに属してる新人類だったんだよー!

※ いきなり結論が跳躍。ポカーン(AA略
※ つか、前に出したハプログループCとかいう自分の結果も否定すんのかい…






内容が内容だったんでかなりヤル気なく要約しましたが、まぁだたいたいこんな感じのことが書かれている。
素人の私ですら途中ツッコみどころ満載すぎて、本職の人が頭を抱える姿が目に浮かぶようだ。

とりあえず、彼らとしてもこの骨が人間外のものであるとまでは言えないのです。
DNAがあり、ミトコンドリアDNAもある以上、「片親(母)は人間」で、宇宙人と人間のハーフだと主張するしかない。つーかDNA解析できてる時点で普通に人間だろって普通の人は根本的な部分にツッコミ入れると思うんですが、そこは無視されています。

というわけで、どうしても「父親を」宇宙人にしなくてはならない。

その都合上、母親由来の遺伝子は「必ず」人間のものである、または人間のものに非常に近い、という結果が出されます。父親由来の可能性のある遺伝子は、人間のものであってはいけないので、「必ず」 解析不能 または 著しく人間と異なる という結果になります。

あとは、うっかりミスして試料を汚染するなり、解析結果を読み間違うなり、お好きな方法で望む結果が出るまでそれっぽい解析を繰り返せばいいだけ。


********



結果は最初から決まっているので、今回発表されたことは新事実ではないし、同じプロジェクトが主導権を握る限りこの骨について今後新たな事実が判明することも無いと言えますハイ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

スターチャイルドのミトコンドリアが人間じゃなかった!!?! 宇宙人にミトコンドリアあるのかよ(笑 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる