テーマ:エジプト

人工衛星から遺跡を探す最新技術、「宇宙考古学」についての本

「宇宙考古学」というとなんかオカルトっぽい響きもあるのだが、別名は「衛星考古学」とか「リモートセンシング」。これなら聞いたことがある人も多いかもしれない。要するに人工衛星から撮影した画像の中から遺跡を探し出す、という手法である。 かつては実際にその場所まで行って、地表を歩きまわって怪しい場所を探していくしかなかったのだが、最近では、実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エジプト本と見せかけて「数学の面白さ」を伝えたい本。「古代エジプトの数学問題集を解いてみる」

エジプト本かなと思ってぱらりと開くと、内容はエジプトなんだけど解説がめっちゃくちゃ数学だった。 よくよく見たら書いている人は数学の専門家だった。古代エジプトの数学を、数学者が面白く説明する、そういう本である。 NHKスペシャル「知られざる大英博物館」 古代エジプトの数学問題集を解いてみる - 三浦 伸夫 この本は、古代エジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今更だけど「海の民」についてちょっとだけまとめておく。これは民族名ではないですよ。

紀元前1,200年頃に東地中海の大国を衰退に追いやった、とされる「海の民」。カタストロフなどという大げさな名前で呼ばれることもあるこの時代において、「海の民」はヒッタイト滅亡の原因になったと説明されることが多い。 …のだが、実はこれ、単独の民族名ではない。 というかそもそも、古代の記録には「海の民」という名前は出てこない。(海か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時空旅人11月号がエジプト特集だった。読み応えある。…けど、誤記めっちゃ多い

普段は日本の話題が多い雑誌が、エジプト展に合わせてエジプト特集やってたのでちょっと手に取ってみた。 けっこうガッツリ特集を組んでいて、よく本出してるエジプトの先生たちの名前が並んでいるので、手堅く原稿取りに行ったな…みたいな感じ。あと渋谷の古代エジプト博物館まで入ってた。 時空旅人 2020年11月号 [雑誌] - 三栄 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エジプトB級映画沼】えっ、スコーピオン・キングが5まで出てた?! 見なきゃ! というわけで

なんとあの! スコーピオン・キングが! 5まで出てた!! …うん。いやあの、ぶっちゃけこれB級映画シリーズなんですけど、一体どこに需要が…ていうかよく5まで出したな…。 3あたりまでで記憶が途切れているのだがとりあえず5を見てみた。古代エジプトものなので。エジプトネタはとりあえず食う。 ============…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプトのパピルス群に使われるインク成分の最新研究。ヒエラティックにも銅入りインクが使われていた

前段として、数年前の以下の研究を参照。 パピルス文書に使われているインクの成分をよくよく調べてみたら、今まで考えられていたように煤だけ使っているわけではなく、金属と混ぜた複雑な成分が検出された、という話があった。 エジプトのパピルス文書を分析したら、使われてないはずの銅を含むインクが使われてたらしい https://55096…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エジプトにも地震はたまに来る。そしてピラミッド表面の石が無くなっているのも地震が原因の可能性があるという話

ギリシャとトルコの間で地震が起き、えっこんなとこ地震起きるの…みたいな世間の反応に、あるよ!! めっちゃあるよ!!! アナトリア半島は黒曜石の宝庫だぞどこから来たと思ってるんだ?! みたいな感じになった中の人です面倒くさいな 東地中海は火山の宝庫。こないだ噴火してたストロンボリもそうだし、サントリーニ島もあるんですよ! 東地中海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粉ひき器「サドルカーン」の起源は古代エジプトという誤り。麦食うのに必要だから麦作と一緒に誕生してるよ…

麦を粉にするのに使う石臼には、大きく分けて二種類が存在する。  石を前後にすり合わせてその間ですり潰す「サドルカーン」  回転させる「ロータリーカーン」 水車や風車も回転するので「ロータリーカーン」のほうだ。 違いは絵で見ると分かりやすい。そう、古代にはいわゆる「石臼」が無く、石でごりごりすり合わせる力業で小麦粉を作って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王には微笑んでもらいたい…。中王国時代、センウセレト3世の悲しい顔が気になって

センウセレト3世(Senusret III)は、古代エジプト中王国時代、第12王朝の王様。 名前の意味は「女神ウセレトの人」なのだが、ウセレトという女神についての情報が何もない。たぶん出身地あたりのマイナーな女神だと思う。 この王様、マネトーによれば2mを越える長身で偉丈夫だったというが、ミイラが残っていないので実際の外見は判らない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプトの墓事情「女性が墓主の場合は夫は出てこない」

コロナの影響で、オンライン講座とか増えてきて便利になりましたね。 つーか会場が遠くても地方からでも参加できて、会場借りなくてよくて、会場の広さによって人数制限も出ないってのは、良いことしかないのでは…。なんかもうずっとこれでやってほしい。 で先日はちょっと古王国時代の墓に描かれる女性の話をちょっと聞いてみたんだけども… htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ・ベルリンの博物館島で収蔵遺物にオイルがかけられる事件発生。しかも未解決になりそう…

10/3に発生したものの、公になったのは10/20。 よく判らんことに、ベルリンの博物館島(博物館がたくさん集まっている川の中州)で、ペルガモン博物館(Pergamon Museum)、新博物館(Neues Museum)、旧国立美術館(Alte Nationalgalerie)の3つの博物館の70点もの遺物に対して透明な油性の液体が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エジプト展公式グッズが通販で買えるぞヤッター! 現地に行けない人も是非…。

こういうのが欲しかった! っていうのが揃ってる通販。 使いやすさで名高いシュパットの買い物袋、ヒエログリフ模様! 書きやすさと使い勝手の良さピカイチのRollbahn手帳! これは いいものだ 普通に実用できるし、エジプト柄のグッズなのでさらに良し。テンション上がる。 https://tokyo-np.hanbai.jp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言っちゃなんだがものすごく地雷の匂いがするぞ… クレオパトラ7世の映画、ハリウッドで映画化予定

うんまぁエジプトネタの映画は一通り見に行くんですけどね… キャスティングと脚本の時点で「うーーん?」ってなることは、あんまり無い…かな…。 https://movie.walkerplus.com/news/article/1008052 まずこの作品、今時点で出ているクレーム?が以下のようなもので、変な方向にいっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツタン様遺物写真集「ツタンカーメン 黄金の秘宝」

最近ツタン様関連の本がよく出てるな? って話ですが、遺物をカイロ市内の旧博物館からギザの新博物館に移送してる最中だからです。そのタイミングで修復したり整理したり計測しなおしたり撮影したりしてるわけです。なので普段は見られない遺物の裏面の写真があったりするのです。 古い白黒写真しかなかった遺物も、現在の状態で高解像度の写真として出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘇った古代エジプト人と恋をしたい?/日本にミイラを持ち込むには。

そーいえばはるか昔に「オーパーツ・ラブ」っていうラノベあったよな…確かよくある冴えない男子のもとにミイラから蘇ったセクシーエジプト王女がやってくるやつ…と思ってググってみたら、だいたい合ってた。そういやこんなストーリーだった気がする… オーパーツ・ラブ 〜いけません! ファラオさま〜 (オーパーツ・ラブシリーズ) (スーパーダッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプト語に「虹」という単語はあるのかというと

「虹」に関する神話は世界各地にあり、多くの国で蛇と結びつけられている。 そんな話を読みながら、ふと、「雨降らないエジプトで虹ってあったっけ…」と思い出していた。結論から言うと、虹という単語自体は存在する。しかし用例がそんなに多くなく、元々は「蒼穹」、つまり天に関係する単語でしかなくて、蛇と結びつけられることも、何か特別な神話が作ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[業務連絡]エジプト作品の移動&新作投稿が完了しました。

スマホや最近のWebブラウザだとスタイルシートが崩れてたりしたので、サイトの片隅の「空想絵物語館」に置いてた古代エジプトテーマの小説類を書き直し・追加して外部に移転させました。 (移転させたもの以外はもとの場所に残す予定。ぶっちゃけ書き直しより新しく書くほうが楽なのと、最初期の作品は思い出として残しておきたいのもある…。) 移転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイル=エル・バハリの「神官の門」  ※遺跡名

エジプト本見てたらいきなり「ゲート・オブ・ザ・プリースツ!!」とか魔法の技名みたいなの出て来て何事かと思ったけど、よくよく見たらバーブ・エル・ガスス(Bab el-Gasus)の英語訳名でした。 これが何かというと、王家の谷のロイヤル・カシェ(王族ミイラを一か所に集めて隠したもの)に対して、神官や貴族たちのミイラを集めて隠した隠し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミイラの中の人はそろそろキレていい。エジプトさんの発見物記者会見が拷問な件

つい先日サッカラで見つかった、第26王朝の棺の発見記者会見。 最近の遺物発見時の記者会見は大抵こんな感じなんですが、…相変わらず死者への敬意も何もない。 これさミイラなんですよ、かつて生きていた人で、人の形がそのまま残ってるわけですよ。モノ扱いで、それでほんとにいいの…? In Photos: A collection of …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第18~19王朝、王宮の中の「外国人嫁」たち~そういや彼女たちってどこ行ったんだろう、、、

ミタンニは紀元前15世紀くらいにシリアとトルコの間あたりでブイブイ言わせていたフリ人の国だ。一時期は大国だったのだが、お隣ヒッタイトとの戦争で負けて結局、約100年くらいで滅びてしまう。しかしその前に、エジプト第18王朝の何人かの王たちがミタンニから嫁を貰っている。ミタンニとしては、ヒッタイトとエジプト両方を敵に回すより、エジプトとは同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トトメス4世がスフィンクスの足元に建てた「夢の碑文」、適当に訳してみた

「夢の碑文」とは、古代エジプトの第18王朝の王トトメス4世がギザ台地のスフィンクスの足元に建てた碑文だ。厳密に言うと小神殿と一緒につ作ったらしいのだが、現在は本体の碑文の上の方しか残されていない。 一般に「Dream Stele」という名前と、夢の中でスフィンクスに「お前を王にしてやる」と言われた、という内容はよく知られている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフターコロナの特別展。愛知の「ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展」に行ってみた。

9月までに取らないと消滅する夏休み ようやく1日だけとれました こんばんは、なんかわりとアレがアレな中の人です。まぁいつものやつです。 そんなわけで名古屋までエジプト展を見に行ってきました。コロナで福岡と札幌の回が中止されたので、名古屋が実質の日本初開催です。 公式 https://leidenegypt.jp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルクソールのモントゥ神殿の発掘と聖獣の変更

エジプト中部の町、ルクソール(テーベ)といえばアメン神の本拠地として有名で、カルナック神殿やルクソール神殿も主神はアメン神なのだが、古い時代には戦の神モントゥが主神だった。その神殿は古王国時代からプトレマイオス朝にかけての長きに渡り改修されつづけた痕跡のある場所である。 で、最近の発掘とか見てたら、中国チームがちょうどモントゥ神殿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプト人はカツラか地毛かーーもう一つの可能性「エクステしてた」

美容用語にあまり詳しくない人に説明しよう。 エクステとは、地毛のボリュームを増したり長さを長くしたりする付け毛のことだよ。 コスプレイヤーさんは、お姫様風のくるくる巻き毛のエクステを持っていたりするよ。 ――古代エジプト人も、髪の毛にエクステつけてたんですよ! っていうお話。 ソースはこちら Photos: 3,300…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中世エジプトのナイルの灌漑方法の意味が分かった…

古代エジプトの農業がどのように行われていたかの記録はさすがに残っていないのだが、コプト暦が使われていた時代の文書は多少残っている。 そこに出てくる、以下の記述の意味が、スーダンの洪水を見ていて分かったぞ…。 "トウト月にはナイルの増水は止まり、エジプトの土地に一通り水が行き渡る。増水したら、どの村でも灌漑水路から水を土地へと流し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプトの戦争と「捕虜の右手」

古代エジプトの戦争では、捕虜の手を切り取るという野蛮な習慣があった。 これはラメセス3世の時代の壁画に描かれた、手だけを積み上げた山。その数を書記が記録している。捕虜の手の数をもって戦功を数え、兵士たちに報奨金を出していたというのだ。 この習慣がいつから始まったものかは不明だが、最古の、そしておそらく現時点でも唯一だろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【王じゃねーか】ここ最近流行りのファッション「ワンショルダー」、完全に古代エジプト王だった

「ワンショルダー」とは、肩の片方だけ袖がついてたり、片方の肩だけ布があったりする服のこと。 片方の肩を腕ごと剥きだしにしたファッションスタイル。ジョジョで言うとポルナレフのアレ。 わかんなかったら画像検索でもしてください。 ここ数年、なぜかこのファッションが流行りらしくてたまにお店で見かけるんだけど、女性向けでこれのス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプトの古い神殿の姿

エジプトの神殿というと大抵の人が新王国時代のルクソール神殿やカルナック神殿を思い浮かべると思うんだけど、ピラミッド作ってた時代以前のものは全然違う。 ピラミッドの付属神殿はそれなりによく残っているのだが、あれは葬儀用の施設なので、実際に神々を祀っていた、いわゆる「神殿」とはちょっと違うものだ。どうも実際の神殿は、その地方ごとにムラ社会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーダンのナイル氾濫、上流ではピークオフ。しかし観測史上最大の増水量に…。

スーダンで起きているナイルの増水が観測史上最高の17.66mを記録したらしくて「マジか」ってなってる。 いやマジか。そりゃ街も沈むわ。しかし9月ももう半ばなので今がピークのはず。この先、追加で雨が降らなければ。 洪水で影響を受けてる範囲は、ここが分かりやすかった。 青ナイルとアトバラ側(右側)の支流のほうが、影響が大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お犬様と王。世界最古の愛犬家ファラオ、アンテフ2世をどうぞよろしくお願いいたし(

アンテフ(インテフ)二世は、第十一王朝の三人目の王様。 やたらと猫ばっかり取沙汰される古代エジプトにおいて、忘れてはいならない愛犬家の王様である。自分の飼っていた犬四匹を墓の入り口の自分の肖像の横に掘り込むくらい大好きだった。その肖像は、今はカイロ博物館で見ることが出来る。各イヌの特徴まできっちり描かれていて、なんとなく犬種の想像も出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more