テーマ:その他の神話・叙事詩

ここぞとばかりにヴァイキング本を売り込んでくるナショジオさん…

ナショジオが出しているので写真は良し、図も判りやすい。年表は無いし、ちょっと話盛りすぎてるな感のある部分もありつつ、無難な感じにまとまっている一冊。(アサクリシリーズの最新作がヴァイキングだからちょうどいい時期にぶつけてきたわけですね…わかりますよそういう…アレ…。ゲームのほうはちょっと内容が微妙で全然進めてないけど…。) バイキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサシンクリード・ヴァルハラ序盤プレイ感想「ゲーマー以外は高確率で脱落する玄人向けアクションゲー」

11/10に発売されたばかりの暗殺ステルスアクション、「アサシンクリード・ヴァルハラ」。通称アサクリシリーズの最新作で、ヴァイキング時代全盛のノルウェーからスタートし、北の海を冒険する作品だ。 公式 https://ubisoft.co.jp/acv トレーラー https://www.youtube.com/watch…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パラカスのユルい地上絵がナスカ文化で変化する一つの可能性:トパラ文化の影響

トパラ(topará)文化とは、パラカス文化の終わりごろに北のアンデス山脈のほうから降りて来て、近くで同居することになる移住者の文化だ。(と言っても、パラカス文化の担い手もどこかの段階で移住はしてきているのだが) トパラ渓谷~チンチャ渓谷を中心に暮らしたことから、この名前がつけられた。かつてはパラカス文化の一部とされいたものが、最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外と知られていない「ナスカの地上絵」の最近の事情。2016年に世界遺産としても名称変更されてますよー

世界遺産として知られる「ナスカの地上絵」は、ちょっと前までの正式名称は「ナスカとフマナ平原の地上絵」だった。しかし最近では隣接する地域で多数の地上絵が見つかっていて、2016年に名称変更されて「ナスカとパルパの地上絵」になっている。 …というところから話始めないと多分、知らない人はほんとに知らないんだなって判った中の人ですこんにち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しく見つかったナスカの地上絵のネコがヘタ過ぎると話題に…ヘタ言うな、ヘタウマ目指してた時代なんやぞ!!

えー問題の地上絵はこちら。見た目ゆるっゆるで、観光地にもなっているナスカの地上絵の完成度とだいぶ違うので「イタズラ描きだろ」という感想も見かけましたが、その感想を抱く時点でここの最近の新しい発見を全然見てない、特にこのテの話題に興味ない人だな…って分かります…。 南米ナスカの地上絵に巨大ネコ 2000年前に作成か https:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エチオピア版日本書記、「ケブラ・ナガスト」の邦訳版を読んでみた

新刊でいいの出てるじゃないですかぁー! ということで早速買って来た。 専門書なのでちょっとお値段は張るけど解説めっちゃついてるし表紙が布で持ちやすいサイズだしこれはいい本。翻訳と解説のバランス大事。 ケブラ・ナガスト: 聖櫃の将来とエチオピアの栄光 (904) (東洋文庫 904) - 蔀 勇造 これが何かというと、日本で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルウェー西部の海岸沿いで見つかった「古代の神々」の神殿跡。

タイトルが紛らわしいが、何の神様を祀っていたのかは分からないらしい。 一般的にこういうとこで祀るのはオーディンやトールだよね、ってこと。ただ、北欧で古代の神殿跡が出て来ることって実はあんまり無くて、珍しいので一応めも代わりに。 1,200-year-old pagan temple to Thor and Odin uneart…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北欧神話の神オーディンの語る知恵「オーディンの箴言」、今読むとめっちゃSNSの話に見える

オーディンの箴言とは、ヴァイキング時代の処世術のようなものを集めて「オーディンが語った知恵である」というような体裁にまとめたもの。文章としてまとめられたのは十世紀頃だろうとされている。宴会で飲み過ぎるなとか、外に居る時は武器を手放すなとかいういかにもヴァイキングなものがあれば、オーディンがいかにして知恵を得たかといった神話的なもの、女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楔型文字とギリシャ文字が一体化した資料「グレコ・バビロニアカ」

楔形文字の中でシュメル語とアッカド語が共存している、とか、アッカド語とヒッタイト語が同時に書かれいてる、とかの例はよく見かけるのだが、ギリシャ語書いてるのがあるというのは知らなかったので、ほほーと思いながら見ていた。いや、てか、よく粘土板にギリシャ語書きましたね書記の人。曲線の部分とか書きづらかっただろうな… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願いだからティグリス川とユーフラテス川を区別してほしい…水量が減ってピンチな隠れた理由「水路が適当」

記事が雑! 言いたいこと判るけど記事が雑!! 2つの川は全然別モノ…! チグリス・ユーフラテス川が干上がる? 上流のダム建設で流量激減 https://www.afpbb.com/articles/-/3304516 ティグリス川もユーフラテス川もトルコに水源があるんだけど、大型ダムが作られているのはティグリス川の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイキングが天然痘に悩まされていた可能性が、遺体からのDNA回収で示唆される

<前提としての知識>  人間の死体からDNAが回収できるように、人間に寄生していた別の生物のDNAも回収することが出来る。たとえば、生きていた頃に感染していた病原体がそうだ。  近年では、ペストで死んだ昔の人の遺体からペスト菌のDNAを回収し、ペストが何時頃、どこで誕生したのかといった研究も為されている。 &l…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルメニアにもピラミッドがあるって聞いたので調べてみた→ジッグラトでした…

アルメニアの巨石繋がりで、「アルメニアにもピラミッドが最近見つかった」という記載があったので、ほほう? と思い調べてみた。 どうも見つかったのは本当に数年前のレベルのようで、あまり古い記事は出てこない。場所はエレバンの南35kmくらいの場所で、Dvin ドヴィン というところ。時代は不明のようだが、明らかにジッグラトを模しているので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルメニアの巨石遺跡「カラフンジ」について軽く調べてみた

ちょいと調べものをしている時、「ピラミッドよりも古いアルメニアの謎の遺跡」という触れ込みでカラフンジが紹介されていたので、もう少し詳しく情報を漁ってみた。アルメニアのストーンヘンジ、という通称で呼ばれているそうで、CarahungeのCaraは石、hungeは謳うという意味らしい。石に穴が開いており、風が通り抜けると謳うように聞こえると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと意味が分からない…。フランス南東部でマグダラのマリア像が破壊される

いやまじで、ちょっと意味が分からない。 この犯人を捕まえて真意を聞き出してほしい…。 フランス南東部のthe chapel of Saint Pilonで、マグダラのマリア像が打ち壊され、現場には「聖人に露出しているのは許されない」というような犯行メモが残されていたとのこと。 Vandals smash statue of…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多分これ皆の好きな奴! 「城の地下には隠し通路がある」という伝説、発掘により一部証明される

「修道院まで続く隠し通路がある」という伝説が残るという、ポーランドのオルシュテイン城の地下、発掘してみたら本当に天然の亀裂や洞窟などが見つかったという話。城自体は塔が残っているくらいだが、観光ガイドを見ると町の雰囲気はよさげ。そして城のある丘からの眺めがとてもいい。 What lies beneath: cave and tunn…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビザンツ時代の高級白ワイン、6世紀の黒死病流行で廃れたのでは。という説

現在のイスラエル南方、ネゲブ高地(ほぼ砂漠地帯)で発見されたワイン製造の痕跡から、ワインが作られなくなったのはおそらく6世紀半ばで、イスラム教徒が来るより前だったことが明らかに。以前の、イスラームが入ってきたのが原因では? という説は使えなくなり、原因はもしかしたらその頃に大流行していた黒死病だったのではということが検討されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルクの民はぜひ見よう。「ギルガメシュ叙事詩」翻訳者が語る物語の世界がYoutubeで見られるぞ!

再生数が少ないやんけ!! というわけで勝手に宣伝しておくことに。 池袋にある古代オリエント博物館の館長さんが語る、展示品の見どころトーク。「私が訳しました」←マジでそうだからなんも言えねぇ 月本昭男館長見どころトーク(展示解説)ーギルガメシュ叙事詩の世界編ー https://www.youtube.com/watch?v=3S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奴隷は黒人、白人は主人、という固定概念は欧米限定だという話。だってオスマン帝国とか逆だもん…

黒人、白人という区別自体がそもそも不正確だし、世の中そう白黒キッチリ分かれているわけではないのでこの分類自体を使うべきではないと思っているので、便宜上ここでは使うが、定義として以下を設定する。 「黒人=アフリカ出身でサハラ以北の地中海地域、東アフリカなどに多いアラブ系住民を除いた者」  →アフリカにも肌がそれほど黒くない人たちは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インダス文明はバッタの大群の襲撃を受けたか。ちょうど今、その地域が酷いことになってるけど…

ニュースになっているサバクトビバッタの大発生、先週あたりの蝗害のマップがこんな感じで、相変わらずインドとパキスタンの国境地域が群れに襲われている。ずって見ていて思ったんだけど、被害マップによくインダス文明地域がよく出てくるんだよね。 インドの地名で「ラージャスターン」とか「カッチ県」とか出てくる時、そこはインダス文明の遺跡のあると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海を渡る人類 ~ポリネシア住民と南アメリカ先住民の出会いの証拠がまた一つ。

イースター島など太平洋東部の島々に移住したポリネシア人は、西暦1200年頃には南米大陸にも到達して接触(混血)していた、という研究が発表された。この説自体は前々からあるものなので「定説が覆る!」みたいな話ではないのだが、「いつ接触したのか分からない」という段階から、先行研究から少しずつ年代が絞られてきているのが面白いなと。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂漠の交易都市都市ペトラ、その建築技術の一端

ナショジオが最近、本誌でも番組でもペトラ推してきててちょっと行きたいなぁ…みたいな。しかし世界はまだ自由に旅行など出来る状態ではないのだった。そしてペトラ近辺は 冬は雨季で鉄砲水の危険があり、夏はしぬほど熱い ので春か秋に行かないとキツそう。よくこんな場所に街が出来たな?? と思う。 https://natgeotv.jp/tv/li…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナショジオ番組「ソロモン王の秘宝」、ソロモン抜きにすると面白かった

タイトルがソロモンだからヒマな時に見ればいっか…と思ってたらがっつりエジプトだったので「?? タイトル詐欺かよ!」ってなったやつ。 いや、というかこれ、ソロモン関係無しに番組作ったほうが正解だったんじゃ…? 探求!キング・ソロモンの秘宝 https://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/p…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウジアラビアの「謎の地上絵」、その後の続報もないのでまとめておくことにした

数年前、サウジアラビアの「謎の地上絵」の話題が流れた。 だが、その後の続報も出てこないし、この手の研究は数十年かかることもあるものなので気長に眺めているしかない。でもたぶんその間に記録は消えてしまう。(特に新聞記事とかは…。) というわけで、忘れないうちに少し纏めておこうと思う。 「地上絵」とされているのは、こういうものだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンキ神の故郷ディルムンは何所にあったのか。「未知の古代文明ディルムン」を読んでみた

メソポタミアの碑文や、メソポタミアの神話に出てくる「ディルムン」が現代でいうとバーレーンであることは、今ではほぼ定説となっている話である。しかし、ほんの40年前、それはまだ「新説」であった。本の始まりは1953年。それから歳月をかけて発掘が行われ、この邦訳本が出たのは1970年のことである。その時点では、まだ紀元前3,000年のウルの文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文明の入り混じる場所~ドイツ西部で見つかったローマ時代の「イシス女神」。ローマ領内のイシス信仰の広がり

イシス女神は、ローマ時代にも人気を博していたエジプト神の一柱。特に、息子ホルスを抱く慈母の女神、あるいは魔術の女神としての側面が女性たちに絶大な人気を誇ったともされる。その信仰は遠くフランスでも人気だったのだが、どうやら隣のドイツまで到達していたらしい。その証拠の一つが最近、ライン川の下流で見つかっている。 Figurine Of…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神話のヴァルキュリアと史実の女戦士、「ヴァイキング時代は女性も戦ってた」の勘違い。

ヴァイキングたちが盛んに暴れまわっていた、いわゆる「ヴァイキング時代」に女性の戦士がいたのかいなかったのかという論争は、長らく続いてきた。実際に女性の骨と武器が一緒に埋葬されていたり、武装を思わせる防具や馬と同時に埋葬されていたりした痕跡はいくつか見つかっていたのだが、それらは「偶然」あるいは「他の意味がある」として拒絶されることも少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【会期延長】「バハレーンで古墳を掘る」展、7月まで開催! 見逃した皆は今度こそ!

古代オリエント博物館で2月末から3月末までの開催予定だった、「バハレーンで古墳を掘る-バハレーン、マカバ古墳群の調査」の展示が会期延長になっていたよ…! http://aom-tokyo.com/exhibition/200222baharen.html 3月に行こうかなーと思ってたら3月いきなりコロナ騒動で閉館、そのま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリスで押収された「偽アンティーク」。コレクターは偽物に注意だぞ

昨年イギリスのヒースロー空港で押収されたトランクから発見された大量の"遺物"、博物館のキュレーターが鑑定して全て偽物だった模様。 写真を見ると、イラン高原の青銅器時代の土偶やメソポタミアの楔形文字の粘土板らしきもの、壺などなのだが、なんか…チャチいよこれ。 Fake antiquities made for unsuspecti…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神殿は「建てる」ものではなく「刻む」もの。ナバテア文化の建造物

ナバテア文化/文明とは、サウジアラビアの砂漠に一千年に渡って継続した遊牧民の文化のことを指す。起源は不明だが、イエメンにあったサバ王国の子孫という説もあるらしい。だが、期限が一つである必要はない。砂漠に集まった遊牧の人々の一部が定住をはじめ、最終的にナバテア王国となったのだ。 そのナバテア王国、遊牧の民が神殿を「築いた」と表現され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more