エジプト文明の源流を探して。西方砂漠に残された壁画の研究から

古代エジプト文明の始まり、特に初期王朝を築いた集団は、アフリカ内陸や西方砂漠とのつながりが強いという研究がある。
そもそもサハラ砂漠が乾燥化して水があるところに人が移動してナイル渓谷に纏まった数の人間集団が出来るところからスタートなので、西方砂漠から移動してきた人たちが文明の着火役なのは特に不思議ではない。
最初に王国の原型を作ったのも、ナイル上流域にいた集団が中心と言われている。

ただ、「西方砂漠から人が来た」という証拠までは考えたことがなかった。

今回ちょっと調べてみたら、最近の研究ではギルフ・ケビールの岩絵がその証拠として注目されているらしい。

Bárta, M. (2014). Prehistoric mind in context. An essay on possible roots of Ancient Egyptian civilisation. In K. Kristiansen, L. Šmejda & J. Turek (Eds.), Paradigm Found: Archaeological Theory – Present, Past and Future. Essays in Honour of Evžen Neustupný (pp. 188-201). Oxford: Oxbow Books.
https://www.researchgate.net/publication/273635998_Barta_M_2014_Prehistoric_mind_in_context_An_essay_on_possible_roots_of_Ancient_Egyptian_civilisation_In_K_Kristiansen_L_Smejda_J_Turek_Eds_Paradigm_Found_Archaeological_Theory_-_Present_Past_and_Futur

The oldest mythological run in Egyptian Western Desert? On the possible origins of the sed feast in Ancient Egypt. In: S. Sázelová, M. Novák and A. Mizerová, eds, FORGOTTEN TIMES AND SPACES
https://www.academia.edu/16300809/B%C3%A1rta_M_2015_The_oldest_mythological_run_in_Egyptian_Western_Desert_On_the_possible_origins_of_the_sed_feast_in_Ancient_Egypt_In_S_S%C3%A1zelov%C3%A1_M_Nov%C3%A1k_and_A_Mizerov%C3%A1_eds_FORGOTTEN_TIMES_AND_SPACES_Brno_487_493

たとえばこれ、棍棒を振り上げて敵を打ち据える図。
ナルメル王のパレットはもちろん、それ以前の古い図でも既によく似たモチーフは登場する。というか、このワディ・スラ遺跡には古王国時代の墓に描かれているような、人間がビッシリ描かれた図が色々あって、確かに雰囲気は似てるなーという感じ。もしかしたら、のちに洗練されて墓内部に描かれることになる絵の原型は、このへんだったのかもしれない。

13557909.png

武器を持った首長らしき人物が大きめに描かれているのも、エジプト壁画でファラオや家長が大きめに描かれている形式を思わせるところがある。

134678.png

「白冠」に似た冠を被った人物もいる。
また、走っている姿はセド祭で王が走るという風習との共通点を思わせる。一つ二つならともかく、まとまって初期王朝に共通するモチーフが出てくると、ここから文化の系譜が繋がっている可能性は高そうだ。

113566.png

4e909f2d7b51070ab5723e28c0c9eb3c97ac65d4r1-548-322v2_uhq.jpg

download.jpg

ちなみに、ギルフ・ケビールはココ。
エジプト西方の、かなり奥地にある。今は砂漠のど真ん中。
かつては、ここを訪れるツアーもあったようなのだが…。コロナが明けないことには…。(´・ω・`)

map.gif
https://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GAEG15/

あと、サハラ砂漠のもっと西方には、タッシリ・ナジェールの岩絵もありますね。

サハラ、砂漠の画廊 ―タッシリ・ナジェール遺跡について調べる。
https://55096962.at.webry.info/201502/article_12.html

タッシリ・ナジェールの岩絵では、白冠のような冠ではないけれど、髪の毛を頭の上に結い上げた特徴的な人物画が出てくる。
もしかしたら、形状に謎の多い白冠の元の形は、高く結い上げた髪の毛だったりするのかもしれない。…じゃないと、あのイカの頭みたいな形って説明つきづらいと思うんだ。

古代エジプト最大の謎の一つ、「白冠の構造」
https://55096962.at.webry.info/201505/article_22.html


**********

[>他に関連しそうな記事

古代エジプト人の通った道・西方砂漠と「ジェドエフラーの水の山」
https://55096962.at.webry.info/201403/article_18.html

古代と現代、エジプトの国土の形~エジプトっていつからその形?
https://55096962.at.webry.info/202008/article_22.html