ペルーの新年行事がすごい。シャーマンがプーチンの写真に祈祷しているが、これは…?

世界各地の新年行事、色んなのがあって面白い。
ハワイの真夏の新年パーティーとかも見てて楽しかったんだけど、今年のヒットはこれ、ペルーの新年行事で「シャーマンが来年の吉兆を占う」というもの。

https://www.euronews.com/2021/12/30/peruvian-shamans-make-predictions-for-the-new-year

動画はYoutubeにもあった
https://www.youtube.com/watch?v=IokqDIBY4Mo

サッカーチームのどこが優勝するか? のような俗っぽい話から、コロナウィルスはどうなるのか? メキシコの大統領がどうなるのか? といった近隣の話、さらにはなんと、世界的な政治の問題まで占うというのだから驚きだ。いきなりアメリカのバイデン大統領やロシアのプーチン大統領の写真が出てきて、しかも祈祷に使われているので「????!!!」ってなる。いいのか…それでいいのか祖先の霊と大地の女神よ…。

124678 105428.png

FH7Dk5eaUAQu1TO.png

FH7DlRLakAIKHAe.png

680--.png

祈祷者の格好はインカ風の頭飾りがあるかと思えば、ポンチョ、マスカラといった近代の伝統衣装が入り混じり、文化の混在具合が面白い。
日取りも新年1/1に合わせて行われている。
ただ、儀式の場所は「高い山の上」という古来からの聖地だし、天と大地の神(または精霊)に捧げものをしているあたり、おそらく原型はアンデス地域の伝統的な新年儀礼なのだと思う。どれだけ原型残してるのかは謎だけど。シャーマンが未来を占う祈祷自体はいにしえの時代からあったんだろうなあ、って。

南米の宗教はこんな感じで、「伝統」のカケラを残しつつ、近代の概念と融合した風習が多くて面白いです。


なお今回の占いでは、プーチンさんはウクライナに酷いことをしない、と出たようなのですが…果たして。