古代エジプトの国際言語文書、「アマルナ文書」の数とリストを探してみた

「アマルナ文書」とは、古代エジプトの歴史の中で第18王朝、そのうちアマルナに都のあった特定の数十年を指して呼ぶ時代区分だ。 有名なツタンカーメン王の生きた時代も、そこに当たる。 アマルナの都は短期間で放棄されてしまったため、持ち出されなかった文書類もそのまま都とともに砂に埋れ、長年残ることになったのだ。 その文書なのだが、古代…

続きを読むread more