「九人の司祭たちの魔法の指輪」。スペインに伝わるリアル指輪物語の話

スペインのガリシア地方には、「千年前に生きた、清貧を誓った九人の司祭たちは、癒やしの力を持つ指輪を所持していた」なる伝説があったんだそうだ。
その指輪のうち四つが最近、修道院の修復中に見つかったという。
これはなかなかにファンタジーだな! 面白そうじゃん! というわけで、ちょっと調べてみた。

https://www.bbc.com/reel/video/p0b1mn5r/the-legendary-miracle-rings-of-ourense

1134567.png

見つかった場所は、Santo Estevo de Ribas de Sil 修道院。壁の修復中に、聖者の遺骨とともに手紙つきの指輪が骨壷の中から出てきたんだそうな。
手紙(取扱説明書?)には、九つのうち五つは失われたということや、指輪を聖水に浸せば癒やしの力が発揮されるということなどが書かれていたそう。

この指輪は、バチカンや中世のアクセサリー専門家などによって鑑定される予定だとのこと。
癒やしの力うんぬんはともかく、千年前の聖者たちの指輪が現代に蘇ったというだでもロマンがある話だと思う。日本でいえば平安時代の有名人の遺物が見つかった、くらいのインパクトだろうし。

しかしもともとの指輪が九つとか、リアル版の指輪物語だなって。
現実、ときどきファンタジー設定で攻めてくるから侮れない。