コシャリを食べに砂漠に行ってきた。

あなたがーいればー♪ 
 つらくはー ないわー♪

みたいな昭和の歌謡があったよね確か。東京砂漠ってそういうイメージだったんですけど、令和の東京にある砂漠は中東料理専門店の名前らしいんですよね。正確には「江戸博砂漠」って名前ですけどね。

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13260578/

なんと本格的なコシャリが食べられると評判。おいしいらしい。
マジか…いかねば…


というわけで


kosya.jpg

行ってきました。


レストランのある場所は、大江戸博物館の入り口横。
こちらは縄文展の会期だけの特別メニューで、地層コシャリという名前。貝を散らして貝塚に見立ててあり、シャベルが突き刺してあるんですね。これは…そそられますねェ…!

食べてみると、ネタではなく本当にちゃんとしたコシャリ。オニオンはカリカリ、適度に茹ですぎたマカロニ、香辛料たっぷりのトマトソース。豆類はあまり入っていないけど、日本人の口にあうようにデフォルメしつつ本場の味に近いものに仕上がっている。うまい! うまい!!
しかもシャッタ(辛いやつ)とダッア(酸っぱいやつ)もついてくる。

モロヘイヤスープやホンムスなどサイドメニューもしっかりあり、お手軽に入れるエジプトメニューの店としてはかなりのオススメ度。いやあ、いい店があってよかった。
何かのイベントなどで東京に出た際には、こちらのお店もぜひお試しください…。