ヴァイキングが北米に定住した年代を特定!→従来説どおりでした

いや、コロンブスより500年前にヴァイキングが北米行ってたのって今もう定説化されてますよね? みたいな。
しかも年代も従来の文献研究などからの推定と同一だし。

なので、新発見が! というよりは、考古学的な知見でも文献研究からの推定が正しいことが示唆された という話である。
研究自体は面白そうだけど、これまでの研究経緯を知らない人は勘違いするかもなってちょっと思った。

ヴァイキング、1000年前に北米で定住 遺跡の木片で特定=研究
https://www.bbc.com/japanese/59005540

57890.PNG


●新大陸発見がコロンブスによるもの、という知識は一昔前のもの

ヨーロッパ人の「発見」の最初はヴァイキングたちによるもの。
また、そもそもの発見については、最初にベーリング海峡を渡って北米に渡っていった先住民たちが人類最初であり、何万年も昔の話である。
ただし、ヨーロッパから大量の移民が流れ込み始め、大きな影響を及ぼしはじめたのはコロンブスのいた時代以降のため、時代区分として「コロンブス以前」「以後」という言葉が便宜上使われることは、今でもある。

●ヴァイキングの北米移住についての文献記録

主にアイスランドで書かれた物語「アイスランド・サガ」の中にある、「グリーンランド人のサガ」や、いわゆる「ヴィンランド・サガ」などに、アイスランド→グリーンランド→北米 と移住船団を送り出していった記録が残されている。
ただしサガは厳密には歴史記録ではなく、自らの家系や武勇を誇るため、あるいは娯楽のための物語として作られた口伝を文字に書き起こしたものになるため、同じ出来事を書いていても、バージョンによって誇張が増えていたりする。

●年代の特定はどうやった?

サガの中には歴史上の人物や、歴史上、年代の特定できる出来事も語られているため、そこから年代を求めていける。


ちなみに、今までの説では北米への移住はだいたい1022年頃とされていた。

参考: グリーンランドに移住したヴァイキングたちの その後
https://55096962.at.webry.info/201106/article_2.html

画像





元論文も読んでみたのだが、具体的な放射性炭素年代測定法の計測方法が色々でてきて細かいところまではよく分からなかった。
https://www.nature.com/articles/s41586-021-03972-8

ただ、宇宙線の増加によって特徴的な炭素14のマーキングがついている年代があり、それが西暦775年と西暦993年なのだという。
この2つのどちらかの年輪さえ特定できれば、そこから年輪を一つずつ数えていけば木が切られたのがいつなのか年単位で特定できるそうなのだ。
今回、1021年、というピンポイントな時代が特定されているのも、この手法によるらしい。これは「なるほど」と思った。

そして1021年に木が切られたはず、というのも、実際には1021年~1022年の間に(つまり1022年ぶんの年輪が刻まれおわらないうちに)切られた、ということなので、1022年に移民船団が北米に到着したはずとする従来の説とぴったり重なることになる。(移民船は通常、暖かく、陽の長い夏の初めに出発するはず)

「考古学的な知見でも文献研究からの推定が正しいことが示唆された」ことの意味はここにある。最先端の年代測定技術すげぇな、ってところが、個人的には一番感心したところなのであった。