【ケロッ★】古代エジプト→コプト教へのカエル信仰の変遷について

ダクラ・オアシスのローマ支配時代のミイラを眺めていたら、男性がカエルの護符を持って埋葬されている事例があって、「ん?」と思った件。 もともと、カエルは多産の象徴で、女性や妊婦の守り神。カエルの女神ヘケトは妊婦の守護神で、人間創造の神クヌムの伴侶とされている。カエルの護符といえば女性のもの、というのが古代エジプトの定番だった。 だ…

続きを読むread more