「神の怒りに触れて滅ぼされた町」は隕石の爆発によって滅びたのでは? →その研究ちょっと怪しいです。

なんかね、このテの研究が出てきたら、まず眉にツバ塗ってから大元の論文を見に行くのオススメします。
旧約聖書の内容はすべて史実に基づくはず、という思想があり、記述に沿って証拠を並べる考古学者が一定数いるから。今回のもまさにソレですね…。

「天の火」で滅亡した都市ソドムか? 中東の遺跡に隕石爆発の痕跡
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc541c9a76056782b78bc2391aaff8bbd6ae77f7

※たぶん記事はすぐ消えるだろうけど、朝日新聞のほうに見に行くと後半が有料になって切れているので。

112590.PNG

英語記事
Researchers Present Evidence That A Cosmic Impact Destroyed A Biblical City In The Jordan Valley
https://archaeologynewsnetwork.blogspot.com/2021/09/researchers-present-evidence-that.html

元論文
A Tunguska sized airburst destroyed Tall el-Hammam a Middle Bronze Age city in the Jordan Valley near the Dead Sea
https://www.nature.com/articles/s41598-021-97778-3

まず、この研究で「ん?」と思うのは、「広島の原爆の1000倍の規模」、それが紀元前1,650年という「最近」に起きたと推定されていること。
最近すぎるのである。

この時代、北メソポタミアは古アッシリア時代、エジプトは中王国時代。
文献資料は豊富で、そんなデカい天体イベントがあったなら何か記録がなければおかしい。

もちろん、まだ発見されていないという可能性はあるものの、旧約聖書の成立した年代を考えると、伝承がのちの時代まで伝えられたと推測するためには、他の文化圏の神話伝承に取り込まれて人々の記憶に残り続けなければならない。旧約聖書が文字として書かれるまでの中間の時代に何も残されていないのに、いきなり後世に伝承が登場するというのはどう考えても不自然だ。

ていうか、本当にそんな大規模なイベントが起きてたら、近隣文化圏の神話伝承にも普通に取り入れられるはずだよね…。
それが見当たらない以上は、もし空中で隕石が爆発してたとしても、大した規模じゃなかったんじゃない? という話。


また、そんな大規模な爆発が起きていたら、遺跡のある丘ピンポイントではなく、遺跡の外の周辺地域まで丸ごとふっとばされてると思うんですが。。

比較されてるツングースカの爆発では、2000平方キロメートルの森林が消失されたとされる。痕跡ではないかとされる湖の跡も指摘されており、もっともっと周辺の広い地域にまで影響が及んでいなければとても筋書きに合わない。

ツングースカ事件のクレーター発見か?
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/47/

広島の原爆の1000倍もの規模だったら、まず遺跡の形がマトモに残ってること自体がおかしいレベル。相当に数字を盛ったとしか思えない。

ていうかクレーターの跡も探さずに、町の遺跡から高温で溶けたレンガや陶器が見つかりました!! だけ書かれても、「そ、そう…。」としか言いようがないんだよなあ。空中爆発なのでクレーターはありません! と主張するためには、それ以外の可能性を潰す作業が必要なわけで、最初から結論を設定してそこに当てはまるようにストーリーを組み立てるのでは不十分。



なお、レンガが溶ける程度の高温でよければ、落雷という至極ありふれた天文現象で説明出来てしまう。
実際、かつてバベルの塔と間違われたメソポタミアのジッグラト(小高い神殿)は、落雷のダメージで一部が溶けている。今回の話題の遺跡も小高い丘の上にあるので、長年のうちに落雷くらいは受けていたはずだ。

【陽のあたる場所】古代世界の異常気象と「溶ける地面」の謎。
https://55096962.at.webry.info/201912/article_13.html

隕石による影響だと主張するためには、影響範囲が遺跡の外側にも広範囲に広がっていることを証明する必要があるだろう。



というわけで、なんかこう、結論ありきでそれっぽい証拠出してきただけの中途半端な研究だな…という感じ。なんでこれをワールドニュースに載せてしまったのか。もうちょい初期の段階でツッコむ人はいなかったのか。

旧約聖書を史実として説明しようとする研究は大抵こんな感じなので、本当に、まず食いつく前に眉にツバを塗るという癖をつけたほうがいいです。


[>おまけ

エジプト西部の砂漠で採れるリビアン・グラスという石も、隕石の爆発が関わって出来たのでは? という説がある。
爆発規模や年代の想定からしても今回の話と全然違うレベルなのが分かると思う。本当に大規模な爆発が起きてたら、このくらいの痕跡が残るはずなんですよ…

エジプト西部砂漠とリビアン・グラスの謎~巨大クレーター「ケビラ」の成分分析
https://55096962.at.webry.info/201807/article_15.html