英語圏、何故かギザのピラミッドを「古い」の指標に使いたがる

日本では、広さの基準として何故か東京ドームが使われることが多い。「東京ドーム●個分」とか。いや行ったことないし…わかんねぇ…。
たぶん漠然と「広い」という意味で使ってるんだろうな、とは思っている。

そんな感じで、英語圏ではしょっちゅう出てくる表現が「ギザのピラミッドより古い」もしくは「ピラミッドより高い/大きい」
特に遺跡や歴史関連でよく出てくる表現で、そのため本文検索でエジプト関連の記事だけ拾って読もうとかすると、高確率であんま関係ない記事も拾ってしまうのである。

具体例1)
Saudi Arabia camel carvings dated to prehistoric era
https://www.bbc.com/news/world-middle-east-58570259

サウジアラビアのラクダの岩絵が、2千年くらい前のものと言われていたけど実は7~8千年前のものだったよ! という話なのだが、ここで何故か「ギザのピラミッドより古かった」というのが出てくる。

 ストーンヘンジよりも古い ←BBCだしイギリスだからまぁ分かる
 ピラミッドよりも古い ←?? イギリス人そんなにエジプト好きか…?

なんか、どうも、「すごく古いよ!」という定番の表現なんだな、というのを察してもらえるかと思う。
しかし、8千年前の話をするのに、5千年や4千年5百年前の話を出してくるのは、いささか中途半端にも思える。


具体例2)
What is the oldest-known archaeological site in the world?
https://www.livescience.com/oldest-archaeological-site.html

この世界で発見されている遺跡の中で最も古いものは何なのか、という話で、候補はケニアかエチオピア。
そのうちの一つ「Lomekwi 3」と呼ばれる発掘現場は、330万年前の可能性があり、「ギザのピラミッドが若く見える」ほど古い…らしい。

 330万年前に4千500年前をぶつける意味が???

いや、せめて…こう。「ルーシーが生まれる以前」とか「アウストラロピテクス誕生より前」とかさ。なんかパッとしないのかもしれないけど。…遺跡の古さ的にも、ピラミッド=目立つ遺跡の中では時間の指標として使いやすい、みたいな感覚があるんだろうな、というのが想像できる。


わざわざ「ピラミッドより古い」という一言を入れるのは、それが書き手の想定する読者にとってわかりやすく、よく知られた基準だからなのだ。分からなくもないが、毎回、「そこピラミッド出す必要ある??」とツッコみたくなる今日このごろである。