エジプトの建造物は、発見後、再び砂に埋もれているものも少なくない。という話

2008年、発見後に所在不明になっていた第五王朝のメンカウホル王のピラミッドが165年ぶりに再発見された、というニュースがあった。
えっピラミッドって行方不明になるの?? というところだが、未完成、もしくは後世に上部が削られたり、持ちされたりしてしまったピラミッドは、そういうことになるのである。

参考︙ 見つかったものはこんな感じ。
最初の発見者レプシウスが「首なしピラミッド」と名付けたのだが、ぶっちゃけ首だけじゃなく身体もないよねコレ

head.PNG
https://www.crystalinks.com/pyrmenkauhor.html

概要とある場所
29°52′31″N 31°13′25″E

Headless Pyramid
https://en.wikipedia.org/wiki/Headless_Pyramid

発見時のニュース記事
http://archive.boston.com/news/world/africa/articles/2008/06/06/fabled_headless_pyramid_believed_to_be_unearthed/

head2.PNG

で、見つかったはいいものの、現在はどうやらまた埋もれてしまっているらしい。
グーグルアースとかストビューで見ても、「うん…何かあるっぽいけど…砂山?」みたいな感じで、別に観光地化されているわけでもない。(近くに別のピラミッドがあるのでそっちは観光地だが)

googl.PNG

さすがに、現代はGPSで座標が取れるので再び行方不明になることはないだろうが、エジプトの遺跡って発見のニュースが大々的に流れたあと、ひっそり再び砂の中に戻っているのが少なくない。


他に忘れ去られていそうなものとしては、たとえばテーベ対岸に造られた第11王朝の王たちの墓などがある。
https://en.wikipedia.org/wiki/Intef_III

座標 25°44′12″N 32°38′11″E

head3.PNG

この遺跡も、1915年に撮影された、およそ100年前の写真しか残っていなくて、現在の状態を確認するとなんと近くにショッピングモールやレストランが出来ていて完全に村の中。集落が拡大して、その下に埋もれてしまったのだ。ストビューはないが、空撮映像を見る限り住宅街の真下である。

googl2.PNG

この分では、近くにあったはずのマスタバ墓や未発見の遺跡もぜんぶ村の下だろうなあ…。
エジプトは遺跡が多いのでぜんぶを保全は出来ないのだが、改めて調べようにも100年前の記録しかない、というのは結構辛い。願わくば、砂に埋もれるにしても忘れ去られるのではなく、あとから調べ直せる形で埋め直しておいていただきたいものである。