ツカツクリという鳥の作る巣と恐竜の卵 ~その記憶は、はるか昔から受け継がれていたかもしれない。

ニューカレドニア島には、塚のように見える謎の遺跡があった。
中心部にコンクリ状になった物質のある明らかに何者かが作った柱のような構造で、ただし旧石器時代の人類が作ったものにしては古すぎる、というのでかつて謎と言われていたものらしい。

実はそれは、今は既に絶滅してしまったツカツクリという鳥がかつて作った「塚」だったことが判明したのは、ここ数十年の間のことだという。


「謎の古代文明」の正体は実は鳥の仕業だった、というオチなのだが、この鳥の生態、じつによく出来ている。
天然素材を使って、自分たちで孵卵器を作って使っているようなものなのだ。なお、ツカツクリは上野動物園にもいて、塚の中にたまごを産む時は尖った方を下にして埋めるのだという。

https://www.misawa.co.jp/50th/sumai/forest/scrubfowl.html
111.PNG

ツカツクリの仲間たちは、小さな体で巨大な山のようなものを作り上げる。
植物性のたい肥と石灰岩を含む土がまじりあって熱を発し最終的には固まる。カイロの仕組みに似ている。この固まったものが何層にも積み重なっていくと、最終的に人間の作った遺跡と間違われるほどの山になっていく、というわけだ。


こんな方法をとる鳥はツカツクリ以外に聞いたことが無いが、最近の研究だと恐竜が卵を孵化させる方法も実はこれだったのではないか、と言われている。有機物を含む土に卵を埋めておいて、化学変化の熱で卵をかえすのだ。
恐竜の卵も、とがったほうを下向きにして巣に収められていたようだし、今も同じ方法で卵を孵化させているツカツクリは、もしかしたら、恐竜時代の記憶のままに生きているのかもしれない。

https://scienceportal.jst.go.jp/newsflash/20180328_01/index.html

1234.PNG

なお、ニューカレドニア島のツカツクリが絶滅した理由は、おそらく人類が食べ尽くしたからだという。
現代でもツカツクリの生きている地域の人は卵をときおり食べているらしいが、「とてもおいしい」との感想を見つけることが出来た。

 …恐竜の子孫の卵がおいしいのなら、もしかして恐竜の卵も…?


*****
関連しそうな記事

最近の恐竜研究すっごい進んでるな!「そして恐竜は鳥になった」
https://55096962.at.webry.info/201611/article_16.html

もふもふ恐竜大集合~、恐竜から鳥への進化系統樹がものっそ複雑になっていた
https://55096962.at.webry.info/201703/article_6.html

鳥と恐竜の狭間。鳥を鳥たらしめているものは遺伝子の"スイッチ"だった
https://55096962.at.webry.info/201705/article_26.html

恐竜の進化系統樹が変わるかも? ティラノさんまさかのポジション。
https://55096962.at.webry.info/201703/article_23.html