一体何が起きてるんだよ…。セルビア税関、大量の古代遺物を押収する

またえっらい大量に出て来たな…という感じの。
セルビア税関が、お隣ルーマニアとの国境で古代遺物満載のトラックを発見。表向きは「寄木細工」の輸送、となっていたものの、実際には盗掘されたらしい遺物の密輸だった。というもの。写真を見ると、正教系の十字架が多い…。青銅器時代、ビザンツ時代、中世、さらに古代スラブ人やケルト人の遺物まで入っているとのことで、実に幅広い。どっから持って来たんだこれ。

Serbian Customs Find 2,000 Historic Artefacts Hidden In Truck
https://archaeologynewsnetwork.blogspot.com/2020/12/serbian-customs-find-2000-historic.html

1344.PNG

記事によると、これらはロシアが実効支配するウクライナ東部で発掘された可能性がある、とのこと。つまり本来はウクライナのもの。
セルビアに持ち込まれようとしていたのは、EU内のマーケットで販売するためだった可能性もある。

見たところ小さくて持ち運びしやすく、小売りしやすく、足が付きにくい品が選ばれているようなので、ヘタするとオンラインのオークションサイトなどに出されていたかもしれない。(最近ではeBayなどオンラインサイトやFacebookなどでの遺物の違法な闇取引が問題になっている)

これだけの数、しかも時代がまちまちとなると、よほどの大きな遺跡を上から下まで掘り散らかすか、広範囲に盗掘しないと揃えられないと思う。少なくとも、あまりいいニュースでないことは確かだ。一体何が起きてるんだ…まだ学者も知らない未知の遺跡がボッコボコに荒らされてたりしないだろうな…。(´・ω・`)


たぶんこれ氷山の一角なんだよなあ。と思うと、ちょっと胃が痛い。