ラメセス6世の彫像の「首」、別の博物館に収蔵されていた「胴体」と一致する

別々の博物館に収蔵されていた彫刻が、実は元は一つの像だった、ということが判明した…というお話。 しかもこれ、実は指摘されたのは1987年。最近亡くなったJ.F. Borghoutsという学者の遺品の中から見つかった、未開封の手紙を開けてみたら、その中に「実はあの像は一つだと思うんですよ」的なことが書かれていたという。エェー…。 …

続きを読むread more