【人間怖い】ゴキブリに電気刺激を与えて意のままに操る技術が開発される。群れでの制御もOK。

こういう尖ったことやりたがるのだいたいここの大学だよね…。
筑波大学で、ゴキブリを操る技術が開発されたそうだ。マダガスカルゴキブリという頑丈で大きめの種に電極を埋め込んで、その電気刺激を使うのだという。言われてみると科学っぽく聞こえるけど、やってることは軽く呪術の類。壁からソッと現れたゴキブリが目の前にメモを置いて帰る、そんなSFが実現する時代になりました。

ゴキブリが絵を描き、モノを運ぶ 群れを遠隔操作する技術「Calmbots」 筑波大学が開発https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2012/01/news098.html

公式? らしきところ
https://digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp/2020/10/calmbots/

koya_calmbot1.jpg


"ゴキブリには手術で電極を埋め込む。手術中動かないよう、氷上に30分置くことで麻酔をかけ、両触角と両尾角の先端を切り落とす。切り落とした両触覚と両尾角、そして胸部の計5カ所に電極を挿入する。"


とのことで、ある意味でゴキブリのサイボーグ化みたいな感じのやり方。動画など見て貰えれば判るが、わりとスムーズに操られていて「こぇぇ…」ってなる。ゴキブリでユビキタスが実現される時代らしいですわよ。ユビキタスって何だっけ。もはやわけがわからない。

それにこれ、もし実現したら将来は兵器利用も出来ちゃうんで社ないかと。
古今東西、世の中には動物を兵器に使おうとして人たちは一杯いた。イルカを兵器として使うとか、ネコ爆弾とか。でもまさか虫、それもどこからでも侵入してくるゴキブリを使おうと思った人間は今まであまり居なかったのではないかと。もしこいつらが兵器になった暁には・・・・・・・・・・・たぶん、ロシアが最強になる。マダガスカルのゴキブリだし。寒いの苦手だから。ゴキサイボーグが人類に対し反乱を起こした暁には、みんなで北の大地を目指そう。


SFが現実になるのは嬉しくもあり、同時に人間ってやっぱこぇえ生き物だなって思う瞬間でもあり、複雑な気分。
とりあえずあれだ、このゴキブリを火星に送り込むのだけは絶対にやめような。

#テラフォーマーズの悲劇