粉ひき器「サドルカーン」の起源は古代エジプトという誤り。麦食うのに必要だから麦作と一緒に誕生してるよ…

麦を粉にするのに使う石臼には、大きく分けて二種類が存在する。  石を前後にすり合わせてその間ですり潰す「サドルカーン」  回転させる「ロータリーカーン」 水車や風車も回転するので「ロータリーカーン」のほうだ。 違いは絵で見ると分かりやすい。そう、古代にはいわゆる「石臼」が無く、石でごりごりすり合わせる力業で小麦粉を作って…

続きを読むread more