時空旅人11月号がエジプト特集だった。読み応えある。…けど、誤記めっちゃ多い

普段は日本の話題が多い雑誌が、エジプト展に合わせてエジプト特集やってたのでちょっと手に取ってみた。
けっこうガッツリ特集を組んでいて、よく本出してるエジプトの先生たちの名前が並んでいるので、手堅く原稿取りに行ったな…みたいな感じ。あと渋谷の古代エジプト博物館まで入ってた。

時空旅人 2020年11月号 [雑誌] - 三栄
時空旅人 2020年11月号 [雑誌] - 三栄

…のだが、エジプト専門家が書いていない、隙間隙間のページの誤記がめっちゃ多いぞ?!
たとえばここ…。

EmRYopAUYAAS9bf.jpg

「イクナートン」はアクエンアテン王の別読み。アクエンアテン王は、改名する前はアメンホテプ4世。
アケトアテンは「アテンの地平」という意味でイクナートンが築かせた都の名前。現在名はアマルナ。
都の名前と、王の名前がごっちゃになってしまっている…。

正解は
「古代にはアケトアテンと呼ばれ、現在はアマルナと呼ばれている都で、イクナートン(アクエンアテン)と改名したアメンホテプ4世が築かせた新都」

あたりだろうか。


建築家のセンムトさんに至っては、徹底して名前を間違われてしまった。誰だセムントって。
エジプト名の語感は聞きなれないと言いにくいけど、チェックの時に誰か気づいてほしかった。

EmRU9yEVkAEKWnj.jpg

あとアペピがアベピになっていたり、たぶんセケメティなんだろうな…みたいなセクムティなる言葉が出てきたり、インド・ヨーロッ「バ」語族が出てきたり、頑張ってるんだけど何か変なとこが一杯あった。ただ、それを除けば、お値段のわりに写真が一杯だし、第一線にいる研究者のコラムも読めるし、地図や年表を沢山入れてくれていて初心者にもやさしい作りではあった。

あと巻末のほうについてる通販がけっこう笑える。ツタンカーメン墓から出て来た椅子のレプリカって6,000円で買えるの…w
ちょっと欲しい。いや、これ以上モノ増やすとそろそろ部屋が怪しくなりすぎて誰も呼べなくなっちゃうんですけど。

****
ライデンのエジプト展は愛知会場が12/6まで。愛知→静岡→東京→仙台と巡回予定。
https://leidenegypt.jp/

あと、江戸東京博物館でもエジプト展が11/21から開催予定なのですよ。
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/special/29474/%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%B1%95%E3%80%8C%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E6%89%80%E8%94%B5%E3%80%80%E5%8F%A4/