ルクソールのモントゥ神殿の発掘と聖獣の変更

エジプト中部の町、ルクソール(テーベ)といえばアメン神の本拠地として有名で、カルナック神殿やルクソール神殿も主神はアメン神なのだが、古い時代には戦の神モントゥが主神だった。その神殿は古王国時代からプトレマイオス朝にかけての長きに渡り改修されつづけた痕跡のある場所である。 で、最近の発掘とか見てたら、中国チームがちょうどモントゥ神殿…

続きを読むread more