テシク・タシュ遺跡と中央アジアのヒトの変遷の謎

色々あって調べているうちに少し資料が集まってきたので、忘れないうちにまとめておくことにした。 タイトルのテシク・タシュとは、ウズベキスタンの東の端っこ、タジキスタン・アフガニスタンとの国境付近にある遺跡で、ネアンデルタール人の子供の骨が出土している。最寄りの街の名前としてはバイスン。かつてここがネアンデルタールの分布の東端と思われ…

続きを読むread more