ヴァイキングが築きし町・ダブリン~初期の街は想定されたより大きかった、という話

アイルランドの首都・ダブリンは、かつて北の国からやってきたヴァイキングたちが元からあった集落を接収して作った街が元になっている。「ダブリン王国」あたりで探すと色々資料が出てくるが、街の名前は、かつてゲール語で「黒い水たまり」(ドゥブ・リン)と呼ばれていた集落が、ノルマン系ヴァイキングによって「ダブ・リン」と呼び変えられたのが起源だとされ…

続きを読むread more