バーレーンの「コーラン館」、コーランばっかり集めたコアな博物館

聖書博物館はアメリカ(熱心なクリスチャン国家)にあるからコーランの博物館はサウジアラビアあたりにあるんかな、と思ってたらバーレーンにあった。
面白そうなのでメモしておく。

Image2.jpg

https://4travel.jp/overseas/area/middle_east/bahrain/manama/kankospot/10421543/

ここはモスクの一部がコーランの展示用に公開されている場所のようで、入場無料。寄付制になっている。
隣は普通にモスクなので、観光地というよりお祈りの場でもある。行った人の評価は上々。なぜバーレーンにそんなにコーランが一杯あるのか軽く調べてみたけれど、どうもかつて真珠産業でがっつり儲けていた時代の産物のよう。豪華装丁本を作りたがるのはユダヤ教やキリスト教だけじゃないんだなあ。
なおその真珠産業は、日本で養殖技術の確立に成功して真珠大暴落してそのまま衰退。2000年の伝統だった国の主要産業を失って豪商たちが破産したあと、行き場を失った豪華想定本がここに集められたんじゃないかなと…。


バーレーンは小さな国なので、1か国だけだと見どころは少ない。
行くとしたらおそらく近隣の湾岸諸国と抱き合わせになるのだろう。
今はコロナとかで入国制限があったり入国後の行動制限があったりしてちょっと行けないけど、落ち着いたら…いつか…。