大英博物館収蔵品エルギン・マーブルは、EU離脱後の政治の駆け引きの道具になるかどうか

エルギン・マーブルとは、かつてギリシャのパルテノン神殿の外壁を飾っていたレリーフのこと。 19世紀にイギリスのエルギン伯爵というえらい人がこそっとイギリスに持ち帰り、現在は大英博物館に収蔵されている。この持ち出しは現在では不法なものだったと認識されている場合が多く、ギリシャも何十年にも渡ってイギリスに返還を求めてきた。かつては、「大英…

続きを読むread more