相変わらず転用が雑…だがそれでこそ。エジプト・ルクソール、古代神殿の横っちょにある近代モスク

エジプトの観光地、ルクソールにあるルクソール神殿には、神殿の一部を利用して作った小さなモスクがくっついている。
このモスクの名前は Abu Haggag Mosque で、ダマスカス生まれで、ルクソールで亡くなった聖人Sheikh Yusuf Abu el Haggag のために作られたという。そのため聖遺物的な感じで聖人の墓も兼ねている。

luxor_a.jpg

↑神殿内部から見上げた写真。いっかい外に出て駐車場の横の階段から登るとモスクがある。

むかしここに行った時は修理中か何かで入れてもらえなかったのだが、その内部写真がちょうど記事になっていた。
…うん! この雑な転用の仕方はいつものエジプトさんだね!!

Islam Meets Ancient Egypt: The Mosque Located Inside Luxor’s Iconic Temple
https://egyptianstreets.com/2020/01/27/islam-meets-ancient-egypt-the-mosque-located-inside-luxors-iconic-temple/

古代の信仰の痕跡を、異教的だと完全に消し去ることもせず、とりあえず削ってみましたとか、とりあえず漆喰塗りました(でも見えてる)とか、こういう転用の仕方あるある…めっちゃ見たことある…神殿の壁に十字架だけ刻んで教会にしたり、ミフラーブ刻んでモスクにしたり、安定のエジプトさんだ…。

luxor_01.jpg

luxor_02.jpg

お陰で、ここが神殿の一部であったことがばっちり分かる素敵な仕上がりになっており、これはこれで古代遺跡マニアにとっては大満足。いやあ、中こんなに素敵だったんならもう一回行ってくるわ…中入るわ…! 
ルクソールの隠れスポットですよ皆さん。お近くに行った時は是非。



それにしても、この場所はとても面白い。
かつて古代エジプトの時代には、新王国時代の複数のファラオたちによって神殿複合体が増築され、ローマ支配以降にはキリスト教の教会として使用され、さらにイスラーム支配がはじまるとモスクとなった。宗教は変われども、3500年近くもの間ずっと「聖地」「祈りの場所」であり続けたわけだ。

ちなみにルクソール神殿は街のド真ん中にある。
古代と現代を結ぶ場所がふつうにお家の隣にある。そして遺跡であるとともに現役のモスクでもある。長い長い人の営みの積み重ねが、特に意識しなくても体感として分かる場所がすぐそこにあるというのは、エジプトならではだと思う。