やめろ、その攻撃は俺に効く。イタリアとクルド人自治区共同の緊急発掘でアッシリアのレリーフが見つかる

各地域では、かつてイスラム国の支配下にあった地域の遺跡の被害状況の調査が急ピッチで進められている。
これはイラクで行われているFaida遺跡の緊急発掘で、アッシリア(新アッシリア)時代の立派なレリーフが見つかったよという話。イラク北部のDuhok(ダフーク)から20kmしか離れていない。地図で見るとモースル・ダムのすぐ北側にあり、最近ミタンニの宮殿跡が見つかったというニュースが流れていた地域に近いことが分かる。


Italian And Kurdish Archaeologists On The Trail Of The Assyrian Empire
https://archaeologynewsnetwork.blogspot.com/2020/01/italian-and-kurdish-archaeologists-on.html

reli.PNG

cap.PNG

ISが支配していた地域では、単純に今まであった遺跡が荒らされたり、発掘が止まって研究されなくなったりしただけではない。未発見だった遺跡が発見された場合、金目のものが売り飛ばされてテロ組織の資金源にされてしまっている。実際、eBayなどネットオークションにかけられたり、おそらく盗掘されたのだろうと思われる遺物が市場に流れたりしている。何が奪われ、何が残っているのかを早急に確認して被害状況を把握することが現状の急務となっている。

外国隊も含めて緊急発掘に入っているのは、この地方の政情が少し落ち着いている証拠なのだが、それもいつまで続くかは分からない。
場所によっては博物館などの設備が壊されていたり、人材も散逸してしまったりで、今後の課題は多い。それでも研究が再開されたことは喜ぶべきことなのだろう。

なお、この記事の末尾についている動画は、…うん、あれだ。BGMでなんとなく予想はしてたけど、最後にね…最後にトラウマものの映像が…ウウッ…ハトラ遺跡…(´・ω・`)

https://www.youtube.com/watch?time_continue=142&v=Sdu2chr_95g&feature=emb_title



****
過去の記事

遺跡の修復と保護に一生を捧げた考古学者の死 - Khaled al-Asaad
https://55096962.at.webry.info/201508/article_20.html

略奪される古代の歴史 エジプト・シリア…盗掘品が大量流出。
https://55096962.at.webry.info/201605/article_17.html

涙も出なかったよね、あの頃…。次々と古代遺産が失われていくのを、ただ茫然と見てるだけだった。
今になってようやく映像見た時にウワアッってなれるようになったから、ほんとに精神的にキツい時は泣けないんだよな、って実感する。

***
日本語記事
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/012100039/